タグ別アーカイブ: 子ども、子育て

8月6日の娘と僕。妻と僕。

今年も8月6日がやってきた。
原爆が広島に落とされた日。

毎年この日の朝には、平和記念式典(広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式)が行われる。

今朝は8時前から、次女がテレビをつけて、録画してあった『もののけ姫』を観ていたので、
「今日は何の日か知っている?ほら、この字読める?」
と「しんぶん赤旗」の1面を見せた。今日被爆71年
次女は被爆といってもピンこなかったようで、

「広島に原爆が落とされて、一瞬のうちにたくさんの人が死んだんだよ。『はだしのゲン』読んだことあるでしょう。」

「ああ、あれね」

「そう」

「お母さんの名前は、この原爆に関係があるんだ」

「えっ?」

そして、NHKにチャンネルを切り替えると平和式典の画像が映し出された。

「原爆が落とされた日、8月6日の今日は、お母さんの誕生日だよね。戦争でたくさんの人が死んだけど、その中でも原爆では一瞬で何十万人の人が死んだんだ。そんな戦争がない世の中、美しい平和な世界を作る人になってほしいという願いが、お母さんの名前に込められているんだって。」

「へえ〜」

そして原爆が炸裂した8時15分。

私と次女は、テレビの中の人たちと一緒に黙祷を捧げた。

世界で唯一、人間に向けて使われた原子爆弾の被害国である日本で、このような悲惨な原爆の実相を私たち日本人が毎年振り返り、その廃絶の意義を確認し続ける行為は、相当な意識と努力がないと継続しないと思う。平和教育って大仰なものではないけれど、僕はそういう、一人ひとりの行為がとても大事だと確信する。

21年前の8月6日、8時15分、つき合い始めたばかりの妻と僕は、今日の娘と僕と同じように、黙祷していたことを思い出した。

妻の誕生日に感謝。

市長の言葉は今年も核廃絶に向けた強い決意が込められていた。
市長の言葉は今年も核廃絶に向けた強い決意が込められていた。
子ども代表は、次代に原爆被害を伝える必要性を訴えた。
子ども代表は、次代に原爆被害を伝える必要性を訴えた。

坂本ひろしと政治を考えるつどい満員御礼

冷たい雨の降るあいにくの天候でしたが、私の地元である黒河の東太閤山集会所は満員の聴衆で熱気あふれる集いになりました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

「どの人の話も説得力あった」
「いや〜、初めてこんな話きいた。よく分かった」
「たくさん来ていたね。元気が出た」

20150301坂本ひろし東太閤山IMG_3985

黒河5区(塚越)藤野一夫区長、
石川丈夫富山医療生協専務、
高野善久富山県労連事務局長、
ご来賓各位より激励のご挨拶をいただき、

選対本部長の津本二三男市議会議員より、支援の呼びかけがありました。

私は、県議会議員選挙に向けての決意、県政の問題点、くらし応援の県政にむけた政策などを訴えました。(13分)

紙智子参議院議員からは、総選挙後の国会情勢、安倍政権の危険性ともろさ、きたる地方選挙での日本共産党の前進と坂本ひろし勝利の意義を熱く語ってくださいました。(31分)

20150301東太閤山集いIMG_1689


政治を変え、くらしを守り、市民の声を届けます 事務所びらき

25日夜、坂本ひろし事務所開きが行われました。
多数のご参加ありがとうございました。

ご来賓としてご挨拶頂いた皆様

黒河自治会 寺越眸会長 様
黒河5区(塚越)町内 岡本武二会長 様
坂本ひろしを励ます会 有志代表 悟道信也 様
富山県保険医協会会長 矢野博明(矢野神経内科医院院長) 様
富山県民主医療機関連合会 後援会有志代表 吉田修 様
日本共産党業者後援会 石崎 純 様(新湊で理髪店を経営)

20150225寺越自治会長IMG_1651
20150225矢野院長

メッセージを頂いた皆様

元小杉町長 土井由三 様
音楽家 滝沢 卓 様

続きを読む 政治を変え、くらしを守り、市民の声を届けます 事務所びらき