タグ別アーカイブ: 集団的自衛権

「友達とはこういう話できないので、新鮮でした」

22日、若者たちで語り合う、「TALK×DISCUSSION_Vol.2」が行なわれました。

トークはまず私から、昨年7月の集団的自衛権容認閣議決定から始まり、その後戦争法案反対の運動が若い世代の中でも巨大に広がったこと、日本共産党が戦争法廃止を目指す「国民連合政府」構想を打ち出し、野党間の共闘に向けた取り組みが広がっていることなどを紹介しました。
また、パリでのテロをきっかけに報復の動きが強まる中で、テロをなくすにはどうしたら良いのか、も考えてみました。

イラク戦争で無辜の住民が虫けらのように殺されていく動画(まるで戦争ゲームを見ているのかと錯覚するような映像)を参考に投影したのですが、見ていられなくなり途中で視聴をやめました。
アメリカなどの大国が、「テロとの戦い」だと言って戦争を始め、罪なき子どもや女性、高齢者を大量に殺すことが、憎しみをさらに増幅させ、テロの温床を拡大していくと思います。
【以下の動画は見ない方が良いかもしれません】

参加された28歳の女性は、「私は、戦争法はおかしいと思う。自分や自分の子供たちの世代が武器を持って人を殺すことには絶対に嫌だ。だから反対する。デモにも自分が参加することで他の人に少しでも影響を与えられるならと思い参加するようになった」と話しました。同時に、「そういう話を周りの友人に話しても、嫌がられたり、またそれを嫌って自分からそういう話題は出さないことが多い」「言いたいのに言えない、そこがとても苦しい」と率直に話してくれました。
また、戦争反対の論調やSEALDsなどの若者達の動きに対してネット上では、空想的だ、お花畑だといった批判があり、それに対してうまく答えられないという思いも出されました。

憲法9条を持つ国の力とはどういうことかについて、FBで紹介されていた高遠菜穂子さんの講演を視聴し考えました。高遠菜穂子さんの発言(2013年)

2013年12月10日 第5回Peace Night 9(講演会)~高遠菜穂子さん■日本は情報は溢れてません■外から見えている姿と国内の自己認識の尋常でない乖離■戦場で銃を持つということ■平和憲法によって私たちは守られている***私は年に半分位外国で暮らすんですよね。中東にいるんですけど、まず皆さんにお伝えしとかなければならないのは、日本は情報は溢れてません。日本は、情報は溢れてないです。私は帰国する度にここ数年、ほんっとにあの10代の頃から海外から帰ってくる時に体験してますけども、ここ数年本当に思うのは、帰ってきた瞬間に四方八方ドアがパタンパタンパタンと閉まって国際社会から隔絶される感覚というのを味わってます。で、それは日本に長く20年、30年住んでいる、外国の方、アメリカ人イギリス人この間大阪で飲んだんですけど、みんな同じ事を感じてました。まずそれを1つ知って頂きたいというのと、それから、あの自分たちの姿っていうのが、どこの国も自分たちの国とか自分たち日本人の姿だとか、外から見られているのと多少ギャップがあるのが普通なんですけれども、最近のたぶん外とのギャップ、外から見られている姿と自分たちが認識している自分たちの姿のギャップが尋常じゃなくかけ離れている、というのがあると思います。例えば、日本のテレビを観て、中国の軍事大国化みたいなところを怖い怖いとかそのイメージを持ったりしてますよね?、結構。で、そうなんですけれども、逆に私、ヨルダンという国であっちこっちの国のテレビを観てます。韓国にしても、CCTV中国のにしても、BBCにしてもCNNいろんなのアルジャジーラいろんなの観ます。なんだけれども、例えばCCTV中国のあれ(TV番組)を観てると、ものすごい軍の映像がバァーっと流れてるんです。どこだろ?すごい護衛艦で、もうパラシュートで降りてきて、すごい絵をやっるわけですよ。どこかな?と思ってると、自衛隊なんですよね。それが延々中国のCCTVでやってるわけですよ。で、思えば、ようするに中国のお茶の間でそれを観ている中国の一般の人たちは、それ観てわぁー日本がまた、みたいに思ってるわけですよね。みんなが中国観て、わぁー軍事大国化してるよ、と言ってることと全く同じ事を向こうも思ってるっていう事だと思います。で、これは今CCTVとあげましたけど、最近はアルジャジーラとかそういったインターナショナル、ワールド系のアルジャジーラ・イングリッシュなんかでも、実はつい2週間位前にも、自衛隊特集をやってたんですよ。たぶん皆さん観た事ないと思います。私は北海道なので、周りがほとんど自衛官のあれなので、迷彩服で演習のあれとか垣間見てますし、それから北海道のローカルのニュース、例えば6時の夕方のニュースで、20分なったら地方のニュースに切り替わったら、時々やっぱり在日米軍が北海道に来て演習してます、合同演習やってます、うちの隣の演習場でこういうのやってます、ベニヤで住宅街の模型を作って、そこで突入の練習をしてます、そういうのをたまに見ますけど、たぶん東京で暮らしている皆さん、そんなの観た事ないと思います。是非、そういうのを今はホントに、スマートフォン皆さん持っていらっしゃると思いますし、インターネットを皆さん持っていると思いますので、いくらでもネットを駆使すれば観られます。私なんかは、ホントに日本に帰ってくると、あまりにも地球上で起きている事と、隔絶した中で暮らしているのが急に怖くなったりするので、スマートフォンにアプリを落として観ている位です。スマートフォンにBBCだのアルジャジーラだのいろいろ入れて、仕事しながらずっとかけっぱなしで聞いていないと、不安になる位、日本は情報がありません。その辺を是非是非意識して頂きたいなと思います。それからもう1点加えたいのは、憲法9条というのが、私は、文言だけじゃないんだっていうことを皆さんにお伝えしたいと思います。それは海外に行ったら、結構体験できると思うので、是非とも学割のきくうちに海外旅行のチケットを使って、是非是非そういったのを体験してみてほしいです。私は究極的に体験して、それまで私、憲法9条って全然興味もなくてイラクに行ってましたけど、人質事件で拘束された時に、私は、誘拐した犯人たちに結局私は、その人たちに政治的に利用される道具として使われてしまったんだけれども、私は最初の3日間自衛隊のスパイだと疑われたんですよ。自衛隊のスパイだ、お前はスパイだと言われ、目隠しされっぱなしでずっとそれを何回も場所を変えられて、聞かれて、説明をするってやってきたんですよ。で、すごい重武装の人たちが結局話を聞いてくれたんですけどね。後になってね、私は日本に帰ってきてから思ったんですよ。私は一生懸命何を訴えていたかというと、私たちはイラクに来たのは、私たちは、あなたたちを敵視しているから来てるんじゃないと。戦争の為に来てるんじゃない。私たちは医療支援をしに来たんだ、緊急支援をしに来たんだとか、丸腰であるんだ、あなたたちを傷つけるようなものは、意思もなければそんなものは持ってないと。これ一番でかかったんですよ。実は私たちの事件の直後とかに、イタリア人グループだとか韓国人グループだとかバタバタ直後捕まってます。でも、みんな人道支援関係だったので、結局それで助かってるんですよ。一人だけ殺されちゃった人がいた。その人怖かったんでしょうね。ピストル持ってたからその場で結局殺されちゃうんです。戦場に行って銃を持つというのは、そういうことなんです。ピストルとか拳銃、武器っていうのはお守りじゃないんですよね。そこで持つということは、それは撃たなきゃ撃たれるということなんですよ。銃は、撃たれる前に撃たないと意味がないんですよ。そこをお守りだと、もしかしたら勘違いしてる人がいるのかもしれない。よく言われるのは、武装してちゃんと行ってるんですか?武装してちゃんと行くってことは、戦場ではちょっと考えられないんですよ。戦場で武装するってことは、私も撃たなきゃいけないんですよ。それは、やっぱり嫌。私は、人道支援者なのでそれはないです。それは人の道に反すると、私は思っているので丸腰でやるっていうのが一番安全だと思うし、この世の中に完璧な安全管理ってないんですよ。だけど一番高い確立で命を守ってくれるのは、イラクの経験で言うと、私も含め他の人道支援者も捕まって結局解放された。殺された人もいますよ。もう10年、20年やってきた人道支援のプロでも殺された人いますよ。でも、圧倒的に解放されてるのは、みな丸腰だからです。で、私は帰ってきてから、私は一生懸命彼らに誘拐犯に訴えてきたのは何かと言うと、私は丸腰で戦争をしない、個人的に戦争を放棄すると言うことを訴えていたと。そういうことはしないんだと。人は殺さないんだと。私は何の為にイラクに来たかというと、命を助ける、何かのほんの少し、医療者ではないけれど、助けがしたいんだと、そういうことを訴えてました。そして政治的な事は、分からないと言ったけれども、私はとにかく事実を目撃して、あなたたちが大変な目に遭っていたこと、あなたたちが本当に犠牲になっていることをこの目で見てきたんだと訴えました。で帰って来てつくずく思ったのは、あ、私は憲法の条文だ、全文とか憲法9条のことなんか文言なんか全く知らなくたって、ちゃんとそれが言えるんだってと思って。それはつまり私は、先ほど渡辺先生が言ったように私はそれで育ってきてて、私の細胞がそれで出来てた。それでちゃんと動けた。それで相手を説得することが出来た。それがすごく私は、あっ、憲法9条というのを、で私は救われたんだなっていうふうに後から思ったんですよ。で、これは極端な例ですけど、これはちょっと皆さん外国に行くと体験できると思います。というのは、あっちこっち世界中に親日家っていますよ。ニッポン大好きって人。必ずいますよ。で、特に中東なんかに行くと、平和な国・ジャパンて必ず言われます。ヒロシマ、ナガサキ。イラクの場合は内部被曝って共通項を持ってると思うから、ヒロシマ・ナガサキ・イラクは同じ被曝者だって必ず言われますよ。そういうこと考えると、なんとこの只の字面だと思っていた平和憲法というのが、ものすごく効果を発揮していると。ものすごく私たちはこれによって守られてる、それだけでも平和な国・ジャパンというブランドだけで、憲法も平和憲法を持っているというブランドだけで私たち守られているんだということを、ちょっとでも体験してもらえたらなと思います。ま、そんなとこですか。

Posted by 兼井 浩 on 2015年9月10日

★2004年にイラクで拘束された高遠菜穂子さん(日本人の3名の若者が拘束された事件の当事者)のスピーチ動画を視聴。「日本に帰ってくると、本当に日本の情報が偏っていると実感する」、「捕まった時、民間人で、丸腰の人は助かったが、護身用拳銃を持った人は殺された」、「拘束された時、イラクの人の命を助けるために来た、と訴えつづけて開放された」「被爆国であり憲法9条を持つ日本は、平和な国だと信頼されている。その国の人間だからこそ犯人を説得できた」と現場で体験した高遠さんの言葉は、非常に説得力あるものでした。

また、

中国脅威論についてどう答えるか、などについても考えてみました。

続きを読む 「友達とはこういう話できないので、新鮮でした」


あなたが守るはずの日本に、あなたは殺されそうになっている

2015年10月18日に行われた、「安保法制に反対する渋谷街宣 (SEALDs & T-ns SOWL)の動画から。

私は言いたいです。たった一人の、たった一人の子どもの命も救えない、たった一人の母親に生きる希望を与えることができない、そんな国の言うことを、私達はどうして信じることができますか?

あなたが守るはずの日本に、あなたは殺されそうになっているのだということを。
あなたにとっての脅威は他国ではなく、この国であるということを。

小原美由紀さんのFBで紹介(2015.10.18)されていましたので、以下に全文貼り付けておきます。

☆シェア歓迎☆ <<SEALDs 小林叶くんの 深く心に残るスピーチを、
アメリカLA在住の方が文字おこししてくださいました!すごい!>>
米国LA在住・鈴木 正師さんより:
渋谷ハチ公前街宣でのICU4年小林叶(かなう)さんのスピーチ。キング師を彷彿とさせる素晴らしい演説。 情理を尽くした演説とはこういうものです。人民を脅かすものは、「そと」にいるのではなく自国の権力であること。だからこそ立憲主義が侵されてはならないこと。貧困とファシズムが共犯関係にあること。それらを、今私が書いているようなわかりにくい説明ではなく、人々の理性と感情にダイレクトに訴えているスピーチです。

<<<スピーチ書き起こし>>>>

渋谷の皆さん、こんにちは。国際基督教大学4年の小林です。
戦後70年の歴史を大きく変える法律が、先月可決されました。私も、連日国会前で声を上げました。
しかし、そんなことには目もくれる余裕もないほど、毎日を生きることに精一杯な人々がいます。
1日中朝から晩まで必死に働き、それでも子どもを高校へ進学させてやれない120万人ものシングルマザー。
明日自分のクビが切られるかもしれない不安に怯える250万人の派遣労働者。
ご飯をおなかいっぱい食べることができない320万人の幼い子どもたち。

私が今こうして話している間にも彼らが考えていることは、
もし自分の家が生活保護を受けていることがばれたら、周りに白い目で見られてしまうのではないか、ということ。
大学進学のために借りる500万の奨学金を自分の力で返済できるのか、ということ。
もし自分一人で子供養うとしたら、月10万円の給料でどうやって暮らせばよいか、ということ。
もし明日仕事を失ったら、自分の居場所はこの社会に存在するのか、ということ。
つまり、今日を生き延びることができるか、明日を無事に迎えられるか、それが彼らの切実な思いではないでしょうか。
安倍首相は日本を「美しい国」、「すべての女性が輝く社会」そして、「一億総活躍社会」にしたいそうです。

しかし現状はどうでしょうか。
この国には、進学を諦めキャバクラで働き、家族を養わなければならない10代の子がいます。
この国には、子どもの学費のために裏で自分の内臓を売り、生活をつなぐ母親がいます。
この国には、何度も生活保護を申請したが拒否され、食べるものもなくやせ細り、命を失った女性がいます。
この国には、ひとりぼっちで、誰にも看取られることなく、冬の寒空の下、路上で命を落としていく人々がいます。
そんな彼らを、「今まで何していたんだ? 努力が足りないんじゃないか!」と切り捨てる。それが日本の政府です。
私は言いたいです。たった一人の、たった一人の子どもの命も救えない、たった一人の母親に生きる希望を与えることができない、そんな国の言うことを、私達はどうして信じることができますか?

学費を稼ぐため風俗で働くのは、あなたの子どもかも知れません。
ストレスと鬱に苦しんで自殺するのは、あなたの父親かも知れません。
冬、暖房のない部屋でやせ細って死ぬのはあなた自身かも知れません。
そして政府は、そっとあなたに囁くでしょう。食事も住居も用意してくれる、学費も肩代わりしてくれる、そんな仕事があるよ、と。
そうして、その仕事についたあなたは、他国の脅威から「日本を守る」ため、遠く離れた大地へと送り込まれることとなるでしょう。

しかし、忘れないで下さい。
あなたが守るはずの日本に、あなたは殺されそうになっているのだということを。

あなたにとっての脅威は他国ではなく、この国であるということを。

あなたの生活は今まさに、この国によって存立危機事態に追い込まれているのだということを。

私が思い描くのは、こんな未来ではありません。
誰もが、心から、生きていて良かったと、自分はこの世界に生まれてきて良かったと言える、
あなたにしか聞けない声があり、あなたにしか見えない世界があり、あなたにしか語れない言葉がある、
そんな他の誰でもない、そんなあなたを必要としていると、
そう胸を張って言うことができる国を、私は夢見ています。

そのために必要なのは、「強い国」となるための、一発数千億円のミサイルでしょうか?

違います。
わたしたちが求めているものは、ただ、大切な人とほおばる温かいご飯であり、
望む学校へ進学できるチャンスであり、
一人親でも子どもとゆっくり向かい合うことのできる時間であり、
ひとりぼっちで悩んでいるあなたをいつでも迎え入れてくれる居場所ではないでしょうか。
世界があるからあなたがいるのではなく、あなたがいるからこそ世界はあるのです。

希望なき人々のためにのみ、希望は与えられています。終わっているなら始めましょう。

10月18日、私は安倍政権の退陣を求めます。
ありがとうございました。(終)

 

*******

小池晃参議院議員のスピーチ

SEALDsKANSAIの女子学生さんのスピーチ


10.12若者トークをどんな内容にするか。

10月12日(月)15時より、若者むけの企画《TALK×DISCUSSION》を予定しています。

お申し込み・お問い合わせは、→ここから

ウイング・ウイング高岡研修室502です。
(高岡駅橋上通路からどうぞ)

201510若者つどいビラ10【第1部】は15歳以上30歳未満の方々を対象に戦争法をなくす道や平和・民主主義について話し合おうというものです。

【第2部】は、1部の延長戦みたいな感じで、40代以下の若者と飲みながら語り合う。要は飲み会です。

第1部では、まず私から話題提供という形でお話をします。と言っても、たいした話はできません。あくまで問題提起という感じです。

ポイントは、
(1)「戦争法をなくす道」についてなんですが、
●戦争法のどこが問題かの概略、
●戦争法案反対の闘いが文字通り「空前の規模」となったこと。
●その運動が、野党の共闘の質を変え、さらに今後の共闘=共産党が今回打ち出した「国民連合政府」の提唱へと結びいたこと。
●さらに、この連合政府構想の成否が、日本の進路を大きく決めてしまうほどの問題である事。
●共産党は戦争法をなくすという最大の目標のために、他党との選挙協力を行うという踏み込んだ方針を打ちだしたわけですが、今後の展望はどうなのか?
というあたりの話を投げかけて、いろいろ思いを交流したいと思います。

もう1つのポイントは、

(2)若い青年学生の皆さんがこれから、社会の一員として一層政治や社会、地域との関わりを深めながら暮らしていくことになるわけですが、その中で、自分は「どんな生き方をすべきなのか」という点を是非語り合いたいと思います。

人間一人では絶対に生きていけない。他者との関わりでしか自分は存在しえないわけです。
他者とは自分以外のすべての人々であり、また社会そのものと言い換えてもいいと思います。
社会が自分の行く手を阻むなら、その障害を取り除くためにどうするかが問われます。何らかの実践が必要になります。例えば受験勉強をたくさんしてできるだけいい大学に合格し、そしていい会社へ入る、安定した公務員になる。そういう事が幸せを勝ち取る1つの道かもしれません。しかし、自分が他者より抜きん出て、より良い暮らしができたとしても、周りの人々の暮らしが良くならないならば、本当に自分が幸せといえるのか?という問いがあります。

自分のみならず、自分たち、若者たち、社会を構成する人々の暮らしが良くなってこそ、自分の幸せもあるのではないか?これが私、坂本の問題意識であり、また日本共産党の立場でもあります。そういうことを本音で話し合えたら良いと思います。

その他、個別の問題としては、

*なぜ「野党」連合政権ではなく「国民」連合政権なのか?とか、*抑止力をどう考えるとか、*共産党は名前を変えた方が良いのではないかとか、*実は恋愛でとても悩んでいるとか、*人には恥ずかしくて言えない悩みがあるので相談に乗ってほしいとか、何でもウェルカムです。