タグ別アーカイブ: 野党共闘

核兵器禁止条約に賛成しない安倍自民党は追い詰められる

昨日は氷見市内の各所を街宣で回りました。

前日の9日は、長崎の原爆の日。この日、被爆者代表らは安倍首相に対して、核兵器禁止条約に触れて、それに批准しないことについて、怒りをこめて「私たちを見捨てるのか?」と詰め寄った。(囲み参照)

安倍政権の憲法破壊、国政私物化は目に余るものがある。そうした姿勢に多くの国民が批判を急速に強めている。それは都議選での自民党惨敗や共産党の伸長、内閣改造をへてもなお内閣支持率がほとんど上昇しないことに見られるように、一過性のものではない。安倍晋三そのものに対する、強い嫌悪感が払拭できていない。

今、安倍自民党は追い詰められている。新党とか、第3極(もう死後)とか、2大政党(これも死後か)の一方からとかの力によって、自民党が押されているのではなくて、国民が安倍から急速に「離れる」という形で自民党を窮地に追いやっている、それが客観的な事実ではないだろうか。

そして、永い古い自民党支持者がどんどん離れている。自民党支持層の中枢部から崩れているという事例はあちこちで報告されている。
この前まで自民党市議だった人が、安保法制の強行とそれに対する市民的戦いを通じて自民党を離れ、今度は共産党公認の市議に当選するということが実際に起きている。
元自衛隊員という方が共産党に入党し市議や町議に当選する。

元自衛隊幹部、防衛官僚なども、普通の市民や護憲の人々と力強く手を結ぶような時代である。そんなことが現に起きている。森友、加計学園、自衛隊日報隠蔽問題に際しては、安倍政権のあまりの酷さに我慢ならなくなった官僚・政府関係者から内部告発が相次ぎ、前川元文科省事務次官が政権に体を張って対峙している。

いろんな意味で自民党の支配構造が崩れてきているのである。その背景には、まだまだ成熟度は低いかもしれないけども、日本の民主主義のレベルが着実に高まってきているということがあると思う。野党と市民の共闘はまだまだ始まったばかりではあるが、しかし力強い流れになっており、さらにそれは前進する可能性を秘めている。

富山県内でも「オールとやま県民連合」が野党間の橋渡しをし、野党統一候補をたてて2016年参院選をたたかった。共産党の側からも他の野党の側からも、過去のいきさつをのりこえて一致団結する努力が強められている。そして、次の総選挙では野党統一候補を全選挙区で必ず立てようというのがこのたたかいの到達点である。
まだまだ小さく見えるが、小さな一歩が積み重なって、それが世論に影響を与えているし、市民国民の政治的感覚を高めていることは間違いないと思う。

世界では、核兵器禁止条約採択の流れが巨大に前進している。これまで、NPT体制(核不拡散条約)のもとで、核保有五カ国の核は認めるが、それ以外の国は核開発・保有を禁じられるというものだった。これが破綻しているのは、北朝鮮の核開発の実態をみればわかることである。特定の国に核を認めるということは、特定の国の核抑止論を認め、その他の国には認めないということであり、完全に不平等である。核で威嚇された国が、「自国の安全のためには核武装するしかないではないか」という理屈を主張するならば、このNPT条約は無力なのだ。「NPTてによって核を拡散させない」という名目そのものが、最初から無理筋のものだった。

だからこそ、世界諸国民は長い間、「核兵器の全面禁止」こそが、抜け駆けして核兵器開発をしようとする国を孤立化させ、核開発を抑止する力を持つ、最も合理的な方法なのだと主張してきたわけである。それが、ついに、122カ国の賛成でもって、2017年7月7日(777の日だった!)、核兵器禁止条約は成立した。この日は、世界史にも刻まれる重要な一歩を踏み出した日といえる。

この世界の流れに、日本はどう臨むのか。核兵器固執勢力の一員として、アメリカにただ付いていくだけの国という位置に甘んずるのか、それとも唯一の被爆国として、そして憲法9条を持つ国としてこのグループから抜け出し、堂々と核兵器保有国とその同盟国に対して、「核を捨てなさい」と主張する立場にたつのか、かつてなく厳しく問われるところに来ている。

安倍首相は、核兵器禁止条約について、「我が国のアプローチと異なるものであることから、署名、批准を行う考えはない」といい放った。本当に情けない限りである。被爆者の代表が、「私たちを見捨てるのか?」と怒りを表すのは当然である。こんな姿勢では「核をなくせ」と道理を持って北朝鮮に対して主張できないではないか。

自主的な外交・安全保障の道に踏み出せない自民党の古い体質を、今こそ変革しないと、日本の未来はない。まさにそういう時代に入ったのである。

そういう思いを込めて、街頭から訴えました。

「今の時代は、市民の力で政治を変えることが可能な時代です。ご一緒に手を取り合って、新しい時代を開きましょう」と。

被爆者団体、安倍首相に 禁止条約に批准しない方針で
長崎への原爆投下から72年の「原爆の日」を迎えた9日、長崎市の平和公園で平和祈念式典が開かれた。平和祈念式典後に長崎市内で安倍晋三首相と面談した被爆者団体代表は、核兵器禁止条約に日本政府が批准しない方針を示していることに強く憤った。 「あなたはどこの国の総理ですか」。長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会議長を務める川野浩一さん(77)は被爆者団体からの要望書を安倍首相に手渡した際に迫った。「ヒバクシャの願いがようやく実り、核兵器禁止条約ができた。私たちは心から喜んでいます。私たちをあなたは見捨てるのですか」面談は式典後に首相らが被爆者団体から援護策などの要望を聞く場として設けられている。通常は冒頭で静かに要望書を手渡すが、川野さんは「子や孫に悲惨な体験をさせてはならないというナガサキの72年間の訴えが裏切られたという思いがあった」と異例の行動に出た理由を話す。川野さんは安倍首相に「今こそ日本が世界の先頭に立つべきだ」とも訴えたが、明確な返答はなかった。式典に参列した被爆者も、あいさつで条約に言及しない首相への失望を口にした。8歳の時に爆心地から約2・8キロで被爆した嶺川洸(たけし)さん(80)は「核兵器禁止条約が採択され、今が一番大事な時だ。わざわざ東京から来てあいさつするのに、なぜ被爆者に寄り添った言葉を語らないのか」と語った。【樋口岳大、加藤小夜】

囲みの文章および冒頭のアイキャッチ画像は、毎日新聞ウェブ版より引用しました。
https://mainichi.jp/articles/20170810/k00/00m/040/142000c


共産党も教師も「正しそうなこと」「良いこと言ってる」だけにかえって腹がたつ

党大会3日目、議事の冒頭で来賓の挨拶を受けました。注目は、「市民連合」の上智大学の中野晃一さんと、首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさん。

表題は、27回党大会での中野晃一さんの挨拶の一節です。

共産党も教師も「正しそうなこと」「良いこと言ってる」だけにかえって腹がたつ、これをどうにかすべきだ。

この指摘、共産党を外から見ている人にはよくわかる感覚だろう。そして今日の大会会場の代議員・評議員約1000人の人たちも多いに共感したことと思う。

巨大な与党に対し、野党と国民が手を携えて安倍政権に対峙し、安倍政権を退治するには、闘いの中で数多ある意見の違いをのり超えていかねばならない。対立、批判、攻撃の対象であった野党や運動に関わる人々が、今や手を取り合うわけだから簡単な話ではない。しかしそれを日本の社会はやり始めたし、またさらに発展させようとしている。その際、仲間になるべき人、共闘する組織に対する互いのリスペクト精神が大事なのである。頭でわかっていても、それを実践するとなると、なかなか難しいものであるが。しかし乗り越えなければならない。

日本共産党には<共産党はどの党よりも正しくあるべき><正しくあろうと努力すべき>という精神が貫かれていると思う。それはそれでとても大事だ。しかし、それはあくまで党内の話であって、それが外に向かって強調されると、問題になっていく。

世間には、物知りで、理屈っぽくて、相手の話を聞かず、一方的に話をする、上から目線の人がたまにいる。そういう人は1〜2%はいるだろう(何の実証もないけど、そんな感じ)。そんな人とは、なるべくお話しないように避けたいというのが正直なところだ。おそらく日本共産党は、そんな人の比率が高めかと思う。その理由は、1つは、日本共産党の党員は、他党と比べるまでもないが、よく勉強しているからだと思う。私自身は全く勉強が足りなくて、反省の日々であるが。人は、ものごと(真実・真相など)を知ると、やっぱり他人に知ってほしいから言いたくなる。もう1つは、共産党の人は、やはり真面目。社会をよくしなければという使命感に燃えている。だから、真剣に、熱く語ってしまう。そうした善意からくる振る舞いだけに、迷惑になっていることに気づけないことが生まれるという問題なのである。

どういう語り方に問題があるのか、振る舞いに問題があるのかよく振り返り、諸活動に生かさなければならない。しかし、大事なことは今自分が言ったことは、相手にどう伝わったのか、どう思われたのか、という相手の立場にたって考えるスタイルが体得されているかどうかなのだと思う。他党はもちろん、真面目に日本社会の改革を考え、政治に目を向け始めた人たちに向けてのメッセージや働きかけとは、相手の話を聞き、相手の思いを聞き、互いに心を開き語り合える関係を作ることの中でこそ成立する。

中野晃一さんの著書『つながり、変える私たちの立憲政治』
中野晃一さんの著書『つながり、変える私たちの立憲政治』大会会場で売っていたので買いましたが、つまみ食いしたところ、非常に面白い内容でした

以下囲みは、大会会場でメモをしたものから文章化したもので、ニュアスンスで書いている部分もあり、100%のものではありませんので、ご注意ください。

【中野晃一さん】
この党会場の雰囲気に圧倒されて・・・
総がかりを軸に、SEALDs、ママの会、立憲デモクラシーの会など市民がまとまって「市民連合」。安保法制廃止に追い込み、立憲主義を回復する。個人の尊厳を擁護する政治を実現したい。
立憲野党は方向性は一致している。(スピード感や政策などが違うけれど)
共闘というのは、互いの良さを潰して1つになっていくのではなく、互いの違いを受け入れ、同じ方向で政治を変えていくということ。それを実現するためにみなさんと歩んでいきたい。
解散はいつ来てもおかしくない。そこでどう戦うか、他者性を認め、運動を個人の尊厳に立脚させて、国家権力、国威発揚ありきの安倍政権、そこと内通している改憲勢力といかに対峙していくかが、ポイントになる。
これから運動を大きくするとき(ここまで大きくして来た)ことを考えるとき、さらに多くの人に運動に呼び込んでいくことが必要。
小選挙区ではどうせ勝てない、投票したい人がいない、勝てるとは思えない、と政治を諦めている人がいる。その人たちにもう一回受け皿を作って、説得力のある本気の野党共闘を市民が後押しして実現していく。時間がかかると思うが。
その時私たちが考えなければならないこと。
志位委員長と初めてお会いしたのは蟹工船ブームの時、テレビ番組の際。志位さんはクソ真面目だなという印象、そしてちゃんと話を聞いてくれる。会うたびに、前の話を覚えていて答えてくれていた。今日党大会に来賓で来ているのは、実は急にできたことではなくそういう交流があったから。
以来、志位さんにずっと言って来たことは・・・
共産党に対してということだけでなく、(私自身も大学教員だけど)
共産党も教師も、「正しそうなこと」「良いこと言ってる」だけにかえって腹がたつ、これをどうにかすべき。常に、正論っぽい、「正しそうなだけに腹がたつ」。
それが行き過ぎると「狂っているからこそいい」とトランプを生むような状況になる。これをどう打ち破っていくか。
正しいこと良いことに、自信を持っていくことは遠慮なく追求すべきだが、正しいと確信しているだけに、頭ごなしになっていかないようにすべき。相手は、「言いくるめられている」、「考えるスペースがない」「なんとなく言い負かされた」という感情になる、これを避ける。必要なのは、思いを共有してもらうためには相手へのリスペクト。これは自戒を込めて。
そして広げていくには、ユーモアが必要。自分を少し距離を置いて、自分をからかうような、自分のことを笑うような感じ。
確かに自分もとても怒っている。怒っている方が多い。しかし、怒っている人のところには人は寄ってこない。言うのは簡単だが。笑うのを忘れないようしたい。
今年を転換点に。安倍政権を退陣させる、安保法を廃止、立憲主義を回復。
貶められている個人の尊厳を回復し、擁護、未来を切り開く幕開けにするために、みなさんと力を合わせていきたい。
【ミサオ・レッドウルフさん】
各野党が挨拶された党大会、これは日本の情勢的にも共産党的にものすごい大転換と感じる。歴史的な大会。
反原発官邸前抗議行動は2012年3月から始まり、今でも約1000弱の人が参加。再稼働されてしまったが、これをみなさんと一緒に続けなければならない。
今は、原発のことだけでなく、安倍政権の暴走という問題が大きい。
2013年からノーニュークスデイが始まったが、さよなら原発2000万人アクション(来賓挨拶された福山さん代表)、原発をなくす全国連絡会(共産党系!)、最初は本当に大変だった。3・11以前、福山さん(平和フォーラム)に何で一緒にできないんですか?というと、「むしろ市民のあなた方の方から言ってくれればできるかも」と言われて、それが脳裏にあった。そして、3・11事故があって、官邸前抗議行動が広がり、そこで両者にお願いに行ったら両方の代表にも努力してもらい成功した。当初はいろいろあって、「お前は共産党か」と言われたこともあるが、いろいろ調整され、超党派の運動になっていた。しかし、正直、政治の方は共闘が遅い、危機感足りないと2013年当時から思っていた。
そういう中で、今回共産党さんが共闘の方針を鮮やかに打ち出してくれた。本当に感謝。あとは野党第一党が腹を括るかどうかにかかっている!
路上で流した血と汗を、政党の皆さんが汲み上げてほしい。
安倍政権は、戦後最悪の内閣。
トランプの政権交代で、世界的なパワーバランスが変化している。今の安倍政権では、トランプに媚を売って、使われて、お金を取られるんじゃないか。安倍の外交への危険性を感じる。衆院選で野党の皆さんには議席を伸ばしてもらいたい。
中野先生の、ユーモアが必要だとの話。今世界で起こっている動きの大きな流れ、歴史のダイナミズムにどう乗るか。色々な動きに振り回されていくということでなく、自分で作っていくところに楽しさがある。そこで楽しめる余裕が大事ではないか。
今後もみなさんと路上から声を上げていく。

↓↓↓中野さんのFB投稿を貼り付け↓↓↓


富山県内、衆院3選挙区で、本気の野党共闘を!

2日、共産党県委員会が衆院3区に坂本を擁立すると発表しましたが、呼応するかのように6日、自由党の広野ただしさんが1区での立候補を表明されました。いよいよ、富山県内3つの衆院選挙区での野党共闘、各党の相互支援体制に本格的に向かうかどうかが焦点となっていきます。

2017年12月7日北日本新聞
2017年12月7日北日本新聞

共産党が、すでに内定している1区・2区の候補者発表をあえて保留したのは、こうした他党の動きと今後の話し合いの展開に配慮したからでした。広野さんの記者会見には、社民党副代表の岡崎さんが同席されていました。つまり、社民党は「1区は自由党」という認識であることを示すものです。そして、この間の野党間の経過から、「2区は社民党」というのは想定通りの動きです。

今のところ、野党の組み合せは、(維新は自民補完勢力で野党ではない)

1区は、民進党・今井氏、自由党・広野氏

2区は、社民党

3区は、共産党

となります。

そうなると、1区で民新と自由との間でどうするのか、どのような調整を進めていくかが問われてきます。各野党の本部間での調整も含めて、今後一本化に向けて努力が必要です。

小選挙区での戦いで大事な点は、野党が単なる「住み分け」という戦い方にしてはならないということです。

単なる「住み分け」というのは、<野党の競合だけは避けて、お互い邪魔しないようにそれぞれ頑張りましょうね>という程度のもの戦い方です。従来の戦い方はこれです。しかし、これではダメなのです。

「富山から安倍自公勢力を少数に追いやる」という立場で、互いの組織の事情やメンツを断固乗り越えて、野党が一致結束して、3選挙区全てで議席を獲得する構えで戦いを構築することです。

そのような姿勢がみえなければ、市民の目には「野党が政治を変えるために本気を出している」と映らないのです。

わが党としても、富山3区において、全ての野党勢力と「政治を変えて欲しい」と願う多くの県民のみなさんの期待を集めて勝利できるよう、従来の戦い方のレベルを一段も二段も引き上げて、臨みたいと思います。