タグ別アーカイブ: 民主主義

安倍政権の憲法9条「3項に自衛隊明記」は極めて危険

安倍首相は5月3日の憲法記念日に、憲法9条の改定について踏み込んだ発言をした。

首相、改憲2020年施行目指す

「9条に自衛隊明記」提案

 安倍晋三首相(自民党総裁)は3日、東京都内で開かれた憲法改正を訴える会合にビデオメッセージを寄せ「2020年を、新しい憲法が施行される年にしたい」と表明した。戦争放棄などを定めた9条に自衛隊の存在を明記する文言を追加するよう提案。教育無償化を巡る議論の進展も促した。憲法施行70年の同日に自らの「悲願」である改憲実現への決意を改めて示し、衆参両院の憲法審査会での論議促進を呼び掛けた形だ。

首相が改憲の実現時期について具体的な目標を明示したのは初めて。教育に言及することで、独自の憲法草案の柱に教育無償化を掲げる日本維新の会の協力を得る狙いがあるとみられる。

文章・画像共に、共同通信 2017/5/3 17:52 より引用

日本国憲法は、第9条1項で「戦争しない」、2項で「武力を持たない」と規定している。

安倍首相は、これに第3項を加えて「自衛隊」の存在を明記するとした。

しかし、9条1、2項が存在する現在の憲法のもとでさえも、今の安倍政権は次にのように戦争国家づくりへ突き進んできた。

秘密保護法を制定(2013年)。さらに、憲法解釈の変更(2014年)で、日本は個別的自衛権に加え「集団的自衛権を保持している」と閣議決定まで行った。そして、安保法制を強行し海外での武力行使を可能とした(2015年)し、現在その安保法に基づいて、南スーダンでのPKO活動に「駆けつけ警護」任務を実際に付与(2016年)している。いつ何時、戦闘に関わるかわらからない、まさに綱渡りの状態にある。(自衛隊は2017年5月中に南スーダンからの撤退完了を目指している)

4月23日〜北朝鮮を牽制するための、米空母カール・ビンソンルとの共同巡行訓練が実際に行われた。

2017年4月23日 海上自衛隊海上幕僚監部発表「日米共同巡航訓練の実施について」
20170309東シナ海において、カールビンソンと護衛艦「さざなみ」「さみだれ」が共同巡行訓練(米海軍HPから)

画像は、米海軍HPから。

すでに同様のカール・ビンソンとの共同巡行訓練は、3月7〜10日、同27〜29日に行われている。

そして5月1日〜2日には、安保法で認められた「米艦防護」も初めて行われた。

さらに加えると、現在、国会で審議中の「共謀罪」法案は、テロ対策との名目だが、実際には国民監視の弾圧法規である。これも戦争できる国に向けた準備と一体のものである。

以上が、現憲法下の自衛隊をめぐる状況である。

つまり、憲法9条のもとで、日本は平和主義の原則から逸脱し続け、9条が禁止して来た「戦争」への道を着実に歩んで今日に至っているというわけだ。平和憲法はまさに、瀬戸際の状態と言っていい。

それでも尚、この1項・2項の条文は、ある意味、憲法違反の政権の暴走を止める「最後の砦」とも言える。どの世論調査でも、憲法9条改定に反対が多数を占めているのは、立憲主義破壊の安倍政権の危うさを国民がしっかり感じ取っているからだろう。

安倍首相はそのような世論をよく見ており、それを無視できないと判断したからこそ、1、2項に手をつけないという作戦を打ち出してきたのだ。

改憲勢力は、「1、2項が残されて戦争への歯止めはかかっている。そして自衛隊の存在を明記するだけ」…と世論に働きかけ、改憲へのハードルを下げることを狙っているる。
警戒するべき、極めて危険な動きである。

繰り返しになるが、

「自衛隊」の存在を憲法上明記することは、現憲法下においてすでに集団的自衛権=海外での武力行使を認めてしまっている危険な現状を追認することであり、自衛隊の米軍との一体化をさらに推し進め、戦争国家づくりへ無制限の承認を与えることになる。

ここに、最大の核心がある。

立憲主義を否定し、暴走を重ねる安倍政権のもとで、憲法には絶対に手をつけさせてはならない。立憲4野党は、この1点で、完全一致しているのだ。


砺波市議選は、富山市議会の失敗に学び、より良い議会になるよう志ある人に

本日の「北日本新聞」1面。「地方議会取材班」の記事は重要です。
「『議会を変える人』選ぼう」片山善博元総務相から「有権者のあなたへ」と題するインタビューです。

★富山市議選は、前回比投票率は、期日前投票は増えているものの、当日の投票率は13時現在で3.52ポイント減です。
★砺波市議選は期日前投票で、前回比0.7ポイント減、
当日投票率は14時現在7.02ポイント減ですから、全体で投票率が大幅ダウンと予測されます。

北日本新聞で片山元総務相は政治への諦め感から、「投票に行かないという人もいるかもしれません。しかし、投票しないことは、現状に満足しているということを意味します。『こんな議会嫌だから白紙で投票する』というのも、ただの現状の肯定としかならない。」
と語っています。
「現状の地方選はどうしても、地元の代表を選ぶものになっています。これだと市全体ではなく、特定の地域や団体の『部分益』のために働く”口利き議員”を生み出してしまう。」
「そうではなく、みんなが困らないよう市政を変えるという理念を持った議員を1人でも増やすべきです。」
「砺波市議選も投票日です。小さい議会の方が改革は進みやすい。市民には富山市議会の失敗に学び、より良い議会となるよう、志ある人に1票を投じて欲しい」
富山市民、砺波市民、富山県民にとって、とても大事な選挙です。ぜひ投票所へ足を運んでいただきたいと思います。
#富山市議選 #砺波市議選 #4月16日投票


民進党・山上正隆県議の本気

※山上正隆民進党富山県議の辞意表明を受けて、下記の文章を書きましたので、当エントリーの冒頭にリンクを貼っておきます。
民進。山上氏も不正。これで県議辞職二人目。政党とは、議員とは…(その1)

20160616道用励ます会高岡高岡市内で道用えつ子さんを励ます会があり、100名の方が参加されました。

野党4党からは、山上正隆民進党県議、井加田まり社民党県議、ひづめ弘子共産党県議、広野ただし生活の党県連代表が揃って参加し、激励の挨拶がありました。

私が最も感銘を受けたのは、山上民進党県議(民進党富山県総支部連合会代表代行)の挨拶でした。野党が力を合わせて、富山から政治を変えようという強い意志が感じられ、本物だと確信したからです。

<以下、山上正隆県議挨拶の要約>

道用さんのことは太鼓判を押せる人。しっかりと支えていきたい。
父(現在84歳)は、自分が議員になった時に、「戦争だけは(備えはあっても)起こすもんではない」と言った。その言葉は、祖父(=舞鶴海軍基地で9年半勤めた)が父に言い聞かせていた言葉である。その言葉が、いま、孫である私に引き継がれている。「戦争はダメ」だ。

安倍政権は2年半前に、年暮れ解散し「経済政策」だけで多数をとった。その時は、集団的自衛権ついて一言も言っていないのにそれをやった。今回もアベノミクスの事だけ言っている。自民党が3分の2をとってしまったら大変だ。

しかし、今回の参院選は違う。野党が団結しているのだ。

特に共産党さんが努力していただいて、よくここまで決断してくれたと思っている。

32の1人区全部野党統一候補ができている。オール野党が束になって自公政権をやっつけるんだということで、大同団結して勝負するのは今回が初めて、画期的な選挙だ。

わが出身母体の『連合』が道用さんを推薦せず(自分の組織内候補だけは一生懸命応援しているが)、組合事務所で道用さんのポスター貼ってもらおうにも貼ってもらえない。動きが鈍く・・・忸怩(じくじ)たる思い。

《この率直な語り口に、会場の参加者から同情にも似た笑いが漏れました》

しかし、とにかく自公政権を減らすという1点にかかっている。もし彼らに3分の2以上取らせてしまうと、立憲主義、平和主義、民主主義を否定することになる。

《労働法制の改悪で、賃金低下、非正規雇用の拡大など、家計を冷え込ませて経済が良くなるわけがない、とアベノミクスをピシャリ批判》

何としても道用えつ子さんを勝たせる為に、自分は全力で頑張りたい。

と結びました。
同じく挨拶に立った、火爪弘子県議は、エールを交換するように次のように語りました。

野党共闘の中身が急速に進化してきた。わが党も選挙共闘の立場に踏み込んだのは今回が初めてで、民進党さん内部で大変な悩みやご苦労があることは当然のことと理解します。
(だって、今まで共産党はただの一度も他の野党と選挙共闘をした事はないんですから!)
民進党さんや連合さんの内部にも共産党に対して複雑な思いがある。だからこそ、私たち共産党の側からは、誤解を解いて信頼される努力をしていかなければならない。

今そうした努力が行われてきて、例えば香川県で共産党公認候補を統一候補として、民進・共産との間で確認書を交わしている。その内容は、共産党の綱領を踏まえて、他党(民進や他の党)とも十分合意できる内容に絞っている。それを文書にしてとりかわしている。共産党がいますぐ社会主義を目指すわけでもない、自衛隊はいますぐ解消しない、天皇条項を含む憲法全てを守る、等々。そうやって、共産党としても多くの方々と共に手を携えられるように努力し、共闘の発展・進化に力を尽くしたい。そして、必ず勝利したい。