タグ別アーカイブ: 富山県政

「富山は日本のスウェーデン」って・・・何ともはや

帯「なぜこんなに住みやすいのか」って、やめてほしいな。書名で釣る商売か?。

「北日本新聞」8月18日付の書評欄に、「富山は日本のスウェーデン」という見出しが踊っていたので、目を疑った人も多かったに違いない。

これを読んで、いやタイトルだけで「やっぱり富山はすごい」と思い、購入する県民も出てくるかな。
まあ、商売的にはそれはありかもしれないけど。

大々的に北日本新聞が持ち上げているが
富山市の書店で平積みされていたが・・・

とにかく読んでみないことには始まらないので、購入して読んでみたわけである。

この間、日本では小泉構造改革が社会保障に大ナタを振るい、安倍政権ではさらにこれを上回る社会保障の改悪が続いている。これまでの政治は一貫して「社会保障財源は、消費税増税しかない」というイデオロギー=つまり消費税増税がいやなら低福祉を甘受せよ。高福祉を求めるなら消費税増税やむなし=という、究極の選択を国民に強要してきた。そうやって社会保障の充実を求める国民的願いを押さえ込んできたのが日本社会であり、自民党政治であった。一般庶民のなかで〜消費税増税でいっそう生活が困難にさらされるはずの階層の人中からさえ〜「社会保障のためなら消費税は増税するべきだ」という人が多いのは、こうした影響が大きいと思う。

地方は、地方交付税の削減や公共事業の削減、市町村合併など、その基盤を崩して、地域社会や経済を疲弊させる方策で痛めつけられてきた。

教授は、

「公」=国や自治体が社会保障制度の基盤整備に責任を持つ社会が、社会民主主義の社会=スウェーデンだとしているようだ。そういう道を選ぶという方法はないわけではない。ただし高福祉・高負担で。著書では、大都市ならそれもありかな、としている。

しかし、世の中そんなに甘くはない。地方ではほとんど無理だ。日本には独自の事情があって、福祉充実=暮らしやすい社会をスウェーデン型とは違った道で追求していくのが良いのではないか。そのヒントは、現時点で与えられた枠組みの中でも(つまり、前述のように自民党政治が社会保障を削りに削って公的な責任を放棄した現状の中でも、そして、地方も疲弊しているという現実の中でも)立派に暮らしやすい環境を作りだしている地域に目を向けてみることだ。その地域とはズバリ、富山県だ。実際に、持ち家率日本一で、暮らしやすさ日本一で、女性の正社員比率日本一で、スゴイではないか! とおっしゃる。

各種指標、幸福度の実感、それらの数字だけから見る限り、「社会民主主義や北欧諸国を高く評価する人たちの理想の姿と重なっているように思われ」・・・「社会民主主義とは自由、公正、連帯をめざす国際的な運動と簡潔に定義され」、「彼ら」(=富山県民)「が作り出した社会は、少なくとも数字を見る限り、これらの条件をかなりの程度満たしたもののように見える」(p67)としている。「日本のリベラルはスウェーデンを約束の地として語り、理想の社会とみなしがちである。だがじつは、社会民主主義的な政策を通じて目ざされる状況、帰結が、日本の北陸に、富山にあったとしたらどうだろう。」(p69)

スウェーデンの社会民主主義とは違うが、しかし、いろいろな指標をみてみてみたところ、スウェーデン的な社会が富山県にあったことに気づいた!!そうだ。

日本国民で富山県がどこにあるかさえもわからない人は多数いるだろうが、そんな地味な富山県にこそ参考にすべき、未来の福祉社会の1つの姿があり、暮らしやすい社会(みんなで支え合う福祉充実社会)がある、というわけである。

著書では、富山県という地域を歴史的に振り返り、どうして工業県となったのか、なぜ女性の正社員比率が高いのかなど、へえ〜と思うようなところが多くある。3世代同居が多いという世帯の特徴、地域にある消防、婦人会、老人会等々昔ながらの共同のネットワーク・共助のシステムが残っていること、これは社会を形作る重要な要素だと私も思う。歴史的に決して豊かではない、むしろ貧しい地域であった富山県が、共助の仕組みを強化し支え合う社会システムを作り上げてきた。近代に入り豊富な河川を生かした水力発電が栄え、これを土台に日本海側随一の工業化すすんだという好条件をえた。これらが今日の「豊か」で「住みやすい」富山を形作る土台になっていると言えるだろう。
(教授はそんな言い方はしていないが)昨今の社会保障切り捨ての中でも、創意工夫をして人々が支え合う仕組みをさらに開発し、元気に頑張っている事例を紹介している。「富山型デイサービス」や、過疎化の中で地域をどう守っていくかの実践例として朝日町笹川地区の取り組みも紹介されている。射水市の取り組みも紹介されている。

富山県民って、寡黙で真面目。文句も言わずにコツコツとよく働く。そういう県民性、特性も活かしながら、現実をどう乗り越え発展させていくか。現状から何を活かし何を変えていくか、その視点で社会を少でもよくして行こうというスタンスは大事なことだ。

私はそのうえで考える。

財界・大企業大優遇政治の不公平に目をつむっていては、福祉充実社会を実現することは絶対に不可能だと思う。「現状でどう生き延びるか」といった観点ではなく、今の現状を改善するには根本的にどこを変えるべきなのかというスジ論が大事だと思う。この点を落としてしまっては画竜点睛となってしまう。

「自助共助公助のバランスが大事だ」という言い分は聞こえがよいけれど、それは、金持ち大企業の社会的負担をどんどん軽減し、さらに「公助」=国など公の責任範囲をどんどん狭め、そのしわ寄せを共助と自助に転嫁するという論理に絡め取られていく重大な弱点をもっている。

重ねて言うが、限られた資源の中でいろいろと工夫し、我慢し、より良い方策を紡ぎ出してきていくという富山の先進的な特徴・側面に着目することはとても大事だし、住み良い社会への努力の1つの実践例としてそれを紹介することは大いに結構。しかし、そのような努力は富山県にかぎったことではない。

しかし、このような富山県の特徴を「スウェーデン」などと形容するようなことは、完全なミスリードと言わざるをえない。

率直にいって「気持ち悪い」という感じでなのである。

早速それは当たった。総裁選の候補=石破茂氏は、県内自民党員向けメッセージで「富山は日本のスウェーデン」を取り上げたそうだ。

そういうことなのだ、政治的には。そこに「気持ち悪さ」を感じだのだ。


先日はうちの党事務所に長野県の番号らっしいところから、「富山県で日本のスウェーデンだと聞きました」と電話をかけてくる女性がいた。私は、「富山は日本のスウェーデンではありません!!」キッパリ答えておいた。やっぱりそういう反応があるわけ。

教授は、富山県行革アドバイザーである。著書あとがきには、「知事にお目にかかれたのは幸運」とある。そういうポジションに井手氏はいる。そこをきちんと踏まえておかなければならない。

この先、2019年春には統一地方選(富山県議選・舟橋村議選)があり続いて参院選がある。おそらくこの著書の「書名」だけが都合の良いように使われ、一人歩きするであろう。富山はいいところだ、と。現状肯定の材料として。

8月31日の北日本新聞にはこんな見開き広告が。こうやって、「全国1位」が大好きな富山県民のメンタリティが醸成されていくのだろうか。疲れる。なんともはや。

ギャグかと思うような広告が北日本新聞に掲載されていた。そんなに日本一が好きか。よくみて見ると、年度が違う全国1位をかき集めてきてる。

辞任続出、今こそ、高岡から清潔な女性の県議を!

昨日9月22日午後、高岡商工ビルで、「市民の力で、なくそう政治腐敗! 政治を変えよう大集会」と銘打って、日本共産党演説会が行われました。相次ぐ政務活動費を巡る不正の発覚と議員の辞職。政治とカネに関わる不祥事は「氷山の一角」というのが市民・県民の共通の思いです。不正を許さず多数独占で驕る自民党を厳しく追及し、それを生む構造にメスを入れ、二度とこうした事態を生まないための議会改革を訴える集会となりました。
主催者として挨拶しました。

 

みなさんこんにちは。

日本共産党呉西地区委員会の委員長を務めております、坂本ひろしでございます。主催者を代表しまして、ご挨拶いたします。
日頃から日本共産党の活動へのご理解、温かいご支援に心から感謝申し上げます。

今日は、「市民の力で なくそう政治腐敗!政治を変えよう大集会・日本共産党演説会」に集まりいただきまして、本当にありがとうございます。

毎朝、新聞を見るのが楽しみでしょうか?もう嫌になりますよね。テレビの前にいると、富山県人として恥ずかしくてたまりません。

次々と明るみに出る政務活動費のだましどり。

「政務活動費」・・・議員に政策調査研究等の活動のために支給される費用・・・私たちの税金から賄われるこのお金を、領収書やハンコを偽造し、開いてもない議会報告会をやったのように偽って、コピー代、茶菓子代を請求、そして何百万・何千万というお金が自民党会派や民進党会派の議員のフトコロに入り、彼らのゴルフ、酒代に変わり、また次の選挙資金の積み立てにプールされていたという話であります。

政務活動費が自分の財布だと勘違いしているんじゃないでしょうか。

新聞の見出しでは、政務活動費を略して、「政活費」と書きますが、まさに、議員の「生活費」じゃありませんか。

「生活が苦しかったから」と言い訳したりする人もいるようです。各方面から、「毎晩のように桜木町を歩いてる」といった噂は絶えませんでした。酒を飲み歩き、遊び回っているからこそ、お金がなくなるんじゃないですか?

もうこんなことはいい加減にしてもらいたい!!

今回の事態の発端は、参議院選直後に、高岡選出の矢後元県議が、書籍代の領収書を偽造して、何と460万円のものお金をだまし取っていたことが判明し、辞職したことからです。

富山市でも、高岡市でも、マスコミや日本共産党の調査・追及によって、次々と実態が暴露され、逃げきれなくなって、辞職するという事態になっています。昨日は、高岡の元市議が不正をしていたことが明らかになりました。高岡市議会でも、富山市議会同様のことが行われている可能性が高まっており、明日にも、議会に対して、百条委員会設置、過去の政務活動費の使途チェックを行うよう、求める要請を行います。

高岡では一昨日、山上正隆・民進党県議がお金をだまし取っていたことが発覚し辞任を表明しました。この夏の参院選まで共に手を携えて、自民党・安倍政権を倒そうと、道用悦子さんを立てて、県民とともに県内4野党揃って手をつないで頑張ったばかりです。わが党は、来る総選挙でも、全国的にも、そして富山1〜3区の小選挙区での野党共闘を実現させ、自民党を追い詰めるために引き続き奮闘することは言うまでもありません。民進党の再起を願います。

日本共産党が不正と無縁なのは、政党助成金をもらわず、企業・団体献金をももらわず、党員の党費と、支持者の皆さんからのカンパで活動を支えているからです。「しんぶん赤旗」は、雨の日も風の日も、毎日・毎週発行し、配達し、毎月集金して、100万人の方々から浄財をいただきます。財政を作り、活動を作り上げるには大変な苦労が伴います。赤旗の発行を維持するために赤字ギリギリになっているのですが、まだまだ私たちの宣伝が足りないため、国民の中には「共産党は金持ちだ」という誤解があります。何れにしても、しんぶん赤旗の事業の大きさは、日本共産党が国民と広く結びついた活動をしているということの証です。

日本共産党にはこうした苦労があるからこそ、議員報酬や政務活動費というものは、我が党のものでもない、ましてや議員個人のものでもないという、考えが貫かれているのです。政務活動費を県民のため、市民のために使うのが、我が党の一貫した立場です。火爪県議の政務活動費の大半が議会報告の発行に使われます。つまり皆さんから預かったものは、県民の皆さんのために使う、この当たり前のことを実行しているのが、日本共産党です。

井上哲士参議が語る。現在、定数が40の県議会。28名が自民党、公明党が1、社民党会派が4名、民進党会派がゼロとなりました。その他2名。合わせて36名です。つまり、県議会議員は、死亡した人1名を含めて4名が欠員となっており、それを補充する補欠選挙が戦われるのです。高岡で、高瀬あつこさんを議会に送り出すならば、ひづめ弘子県議と合わせて二人、「多数独占」で驕る自民党に厳しい追及をする、日本共産党県議団を誕生させることができます。

自民党は、昨日の高岡元市議の不正発覚で大混乱に陥っています。戦々恐々として、自民公認で県議候補を立てられるかどうかはわからない情勢です。

民主党も高岡では候補断念。今が議席獲得のチャンスです。

高岡の県議は、定数7の選挙区ですが不正による辞職で2名が欠員という、前代未聞の事態になっています。高岡での共産党が議席獲得すれば、57年ぶり(半世紀)の快挙となります。<昭和34年(1959)以来>
10月23日の県議補欠選投票日までの1か月は、富山の中での政党間の力関係を大きく塗り替えて、富山政治史をぬりかえる突破口を作り出すための、決定的な1か月です。

高瀬あつこさんは、二度目の挑戦。私利私欲なく、女性の目線で頑張れる人。この人を高岡からから押上げましょう。

補選2議席を自民党に独占させるわけにはいきません。押して押して押しまくって、必ず押し上げましょう。

大きなご支援を呼びかけまして、ご挨拶とします。

 

演説会では、選対本部長の金平直巳高岡市議、矢後肇元県議を告発した代理弁護士の坂本義夫氏、井上哲士参議院議員が登壇。

●金平高岡市議は「共産党2議席が見えてきたのでは」というマスコミの声も紹介し、勝利のためにビラ配布、電話かけへの協力を訴えました。また、勝利できる強く大きな党にしたい、と入党を呼びかけました。

●坂本義夫弁護士は領収書偽造その他、明らかになった数々の手口について厳しく批判。2014年に高岡市議会議員9名が紳士靴を防災靴の名目で購入したことが発覚し、その後批判を浴びて代金を返却したことがあったことを取り上げ、もし今なら完全に辞職に追い込まれるほどの性質の事柄だと強調。さらに、9名の中に、今度の県議補選に立候補を予定している酒井立志氏が含まれており、「こんな人を県議にしていいのか」と訴えました。そして、共産党の高瀬さんにこそ県政へ行って欲しいと締めくくりました。

●県政挑戦への決意を語った高瀬さんは、「なぜこんな犯罪が起きるのか?それは自民党議員におごりがあるから。目線が市民に向いていないから」ときっぱり指摘。県民の怒りの声を受け止め、真相究明に全力を挙げることを強調し、それができるのは日本共産党であると訴えました。これまで住民の切実な要求実現〜子ども医療費無料化では六千名の署名を集めて対象年齢を中学3年生まで引きあげさせたことや、住民運動で水道料金引き下げたことなど〜で奮闘してきたことを紹介し、暮らし破壊政治の中で、学童保育の充実、特養ホーム待機者ゼロ、最低賃金を引き上げることを公約し、「何としても私、高瀬あつこを県議会へ押し上げて欲しい」と迫力ある訴えで結びました。

●井上哲士参議は、自民党はこの富山で白紙の領収書を使って税金をだまし取って大問題になっているが、本部でも同じことだ。稲田防衛相が白紙の領収書を自民党各議員側から預かって、そこに勝手に金額を書いて支出していたと報告をしていること(同一人物の筆跡で、各議員の領収書が記入されている)、しかも、その領収書を提供していた者の中に、野上浩太郎氏も含まれていたことを暴露しました。そして今、東京と富山が全国の注目の的となっており、この高岡で県議補選で議席をとることが、日本の未来がかかった選挙であると強調して、高瀬あつこさんへの支援を訴え結びました。

ともみ組が野上浩太郎励ます会会費を払ったとする領収証
稲田後援会(ともみ組)、各自民党議員側から白紙領収書をもらって、金額や日付を後から書き込んだという領収証。井上参議から。特徴的な筆跡であり、稲田事務所の同一人物が書き込んでいることは明白。

民進・山上氏も不正。これで県議辞職二人目。政党とは、議員とは…(その2)

(その1)からの続き>

共産党の内部では、こうしたお金の使い方はあまり評価されない。「きちんと政策・理念を市民に理解してもらって支持をしてもらうことこそが議員の大事な仕事だ」という考えが根底にあるからである。

何よりも、共産党の場合は、選挙でも政治活動でも、みんながカンパを出し合って、相当な負担をしながらも、4年サイクルの選挙財政計画を立てて、党員は積み立てなどをしたりして、大きな負担をみんなで分かち合っている。もちろん議員は、その歳費から生活費を除いて、他は日常の議員活動費、政治活動費を捻出するし、次の選挙のための積み立てにも充てている。議員個人が葬式に新年会にと走り回るような活動をするために、党組織が財政活動をしているのではないのだ。

「酒やゴルフ」のための金が足りなくなる・・・といったことなど共産党の場合は、全く考えられない。

うちの議員の場合は、会議や活動で忙しすぎて、遊んでいる暇がない(それはそれで問題なんだけど)ので、「遊ぶ金が欲しかった」などという自民党議員のあのような弁など、到底理解できない。共産党富山県委員会の事務所に夜中11時ごろ、火爪弘子県議が一生懸命書類を作成していたり、会議の準備をしていたりしている姿を見ることがある。党中央委員であり、党県副委員長であり、県議である人が黙々と仕事をし、事務所の電話に出て応対する。普通(というか自民党の議員なんかは)こんなに仕事はやってないだろうな。

「共産党の議員なんて大変すぎて、なるもんじゃないな」と思うことはしばしばある。何の得にもならないし、忙しくなるばかりだ(それだけにやりがいもあるんだけど)。ひどい政治が続いているから「政治家にになりたい!」「議員になって政治を変えたい!」って純粋に思う人も何百人に一人くらいはいるみたいで、そのお気持ちをとっても尊重はします。が、

議員になりたくて共産党に入ろうとか、近づこうとかする人は、諦めてください!

日本共産党はそんなに甘くないです。

規約で定められた日本共産党員の権利と義務(第5条)のもっとも最初に来る一文は次の通り。

第五条 党員の権利と義務は、つぎのとおりである。
(一) 市民道徳と社会的道義をまもり、社会にたいする責任をはたす。→日本共産党規約全文

党員である前にまず、最低限の人間としての倫理観、道徳観を持たない人は日本共産党員にはなれないことになっている。議員となれば、さらに高いレベルが求められる。「維新の会でも何でもいいから、議員になりたいな」って思っているような人は、共産党はちょっと無理だ。

さて、話を戻して、前記事で民進党・山上氏について触れたが、自民党も大きな組織だとはいえ、議員が金をどう使い、自分の次の選挙をどうするかは、ほとんどそれらの議員個人の采配に任せられているのだろう。自分の責任で金を用意し、使え。党は知らない、という感じだ。だからおそらく、政務活動費は、あまり選挙に役に立ちそうもないものに細かく使うよりも、選挙に有利になるような金の使い方になるし、あわよくば、今回問題になったように次の選挙のためにプールする。しかも、「毎月の上限までもらえるものなら全部貰わないと損だ」と、まさに「政務活動費が自分の財布」とでもいうような、感覚麻痺に陥っているのだ。高岡市で発覚した元市議の柳瀬氏の報道(北日本新聞 2016.9.7付)では、議員最後の年、<政務活動費をもらえるものは全部貰っておこうと思って不正した>という趣旨のことを語っている。全くけしからんことだ。「北日本新聞」20160907

富山県議会の自民党会派が「調査研究費」の名目で海外視察に行っていることは以前から批判されてきたわけだが、政務活動費を調査研究に有効に使おうと思えば、海外視察で観光スポットになんか行ってないで、もっと違うものに使え!と思う。でも、彼らには使うところがないので、そういう大掛かりなものに使って消化しようとする意図が働くのだと思われる。自分が乗っている高級車のリース代を半額まで政務活動費で充当できることになっている。簡単に言うと、600万円の車なら300万円で乗れるんだ。いいご身分である。

「政務活動費(せいむかつどうひ)とは、日本における地方議会の議員に政策調査研究等の活動のために支給される費用である。」(ウィキ)

今回富山市議会で怒りを買っているのは、茶菓子代。会合で一人500円まで支出できると申し合わせており、人数分を掛けた金額を使ったことにして、ガッポリ懐に入れていたことが問題になった。ある議員は、その金で参加者に酒を振る舞い、一緒に飲んでいたというから、とんでもない奴だ。酒を飲ませてくれる議員には次の選挙で応援しなきゃなあ!とズブズブの関係になる「地元民」も、悪い。それも言っておく。

こうしたことが生じるのは、組織として倫理感が完全に欠如しているからだ。自民党がそういう体質で、野党第1党である(とはいえ、富山県内では野党第2党だが)民進党も実は同じだったということが明らかとなったのが今回の事件である。議員個人の問題として、トカゲの尻尾きりよろしく、うやむやにしようとしている姿は許せない。彼らにはもう自浄作用はない。世論が監視し、包囲し、攻め続けないと、膿を全て出しきるのは無理かもしれない。

とにかく、もう、政党として、組織としての体をなしていないということではないか。

野党共闘を考えた時、それぞれの野党にもお家事情があるから、わが共産党から見て、政策や綱領上問題があるからとか、体質上問題があるからとか言って、単純に切って捨てるわけにはいかない。やはり大人な対応が求められるとは思っている。

が、しかし、政治とカネをめぐる問題での最低限の倫理水準を担保できない政治家とは、キッパリとお付き合いを解消しなければならない。またそうした人物を排除できないでいる野党なら、もう未来がないといっても良い。

多数独占で驕る自民党を抑え込むには、野党がもっと強くなる必要がある。わが党が、定数7の高岡選挙区で議席を何十年も取れずに来たのは、我が党の力のなさである。民進党がこういうていらたくな今、不正を蔓延させないために、次の県議選は絶対に高瀬あつこを議会へ押し上げなければならない。