タグ別アーカイブ: おすすめ

安倍内閣は総辞職を!!街頭から訴え

安倍政権の公文書改ざんがいよいよ明らかになり、「全国に安倍政権は総辞職を」の声が広がる中、党呉西地区委員会でも各地で宣伝カーなどで街頭から訴えを行いました。

私は高岡市内、小矢部市内で瘧師浩元新地区委員長とともにマイクを握りました。

いまから1年も前にこの疑惑が明らかになり、国会で追及されてきましたが、安倍政権は知らぬ存ぜぬ、資料破棄しました等々で逃げ続け、臨時国会開会拒否もふくめて真相究明に背を向けてきました。

党は国会で、谷査恵子氏が昭恵夫人と籠池氏らの間で重要な連絡役を担っていたことを示す資料や、関西理財局と籠池氏らとの音声データなどを提出して、安倍夫妻が森友土地値引きに深く関わっている疑いを繰り返し追及してきました。様々な状況証拠や、情報公開、メディアのスクープ、内部告発などが次々出てきており、真相に迫るのは時間の問題というところまで追い詰めてきています。野党6党が足並みを揃えて国会で頑張っていることも大きな力になっています。

街頭からは、安倍内閣の1日も早い退陣を求めて訴えました。引き続き、街頭でのアピールやデモなどで世論を喚起し、政権を追い詰めていきたいと思います。

16日、 「行政文書の改ざんは許さない」「安倍昭恵氏は国会で証言せよ」と街頭から訴え

生活保護削減をやめよ(志位委員長予算委員会質問)

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/VHiKr63gK08″ frameborder=”0″ allow=”autoplay; encrypted-media” allowfullscreen></iframe>

日本共産党志位委員長が貧困打開へ衆院予算委で質問。生活困窮世帯の実態しめし、政治が果たすべき責任を追及。憲法24条「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」に基づく政治をもとめた渾身の50分。

生存権すべての国民に保障を 貧困悪化 日本は異常な国に(衆院予算委 志位委員長の質問)「しんぶん赤旗」2018年2月6日記事から


国民に戦争を許容させるには「攻撃を受けている」とさえ言えば良い

北朝鮮のミサイル発射に際して、Jアラートを激しく鳴らして列島騒然となるような政府のやり方に、強い憤りを覚える人、違和感を覚える人も多いと思う。テレビも全面ジャック、避難訓練など、まさに異常。

YouTubeの動画も貼り付けておきます。

そんなとき、国民を戦争に駆り立てることなんていとも簡単なことだ「攻撃を受けている」と言えばいいのだという趣旨の話を、ヒトラー支配下のナチス幹部が語っていたという話を思い出し、ググってみた。

拾ってきたものをコピペ。

もちろん、一般市民は戦争を望んでいない。貧しい農民にとって、戦争から得られる最善の結果といえば、自分の農場に五体満足で戻ることなのだから、わざわざ自分の命を危険に晒したいと考えるはずがない。当然、普通の市民は戦争が嫌いだ
しかし、結局、政策を決定するのは国の指導者達であり、国民をそれに巻き込むのは、民主主義だろうと、ファシスト的独裁制だろうと、議会制だろうと共産主義的独裁制だろうと、常に簡単なことだ。国民は常に指導者たちの意のままになるものだ。とても単純だ。」「自分達が外国から攻撃されていると説明するだけでいい。そして、平和主義者については、彼らは愛国心がなく国家を危険に晒す人々だと公然と非難すればいいだけのことだ。この方法はどの国でも同じように通用するものだ。」

 

この発言は、ヘルマン・ゲーリングという人で、ナチスドイツの空軍総司令官などを務めた人物。戦後は戦犯として捕えられ、ニュルンベルク裁判で絞首刑の判決を受け、刑の執行前に自殺したそうである。

北朝鮮ミサイル発射に際しての日本政府の対応をみると、このゲーリングの言葉が、非常に重く響くのは私だけではないだろう。