中秋の名月

オートで録ったら全然まともに写らないので、露出、シャッタースピードをマニュアルにして試行錯誤した結果、ようやくまともに写るようになりました。月明かりって、意外に明るいのですね。
最終的に仕上がった画像がこれ。

IMG_1417

次の画像が元画像で、トリミング、シャープネスをいじるなどしたのでした。

IMG_1417
レンズ200mmにテレコンバータ(×1.4)で撮影。フルサイズ換算で約450mm相当。これが限界。

今年の中秋の名月は、例年より早く、9月8日でした。
来年以降は、 続きを読む 中秋の名月


地名と災害について。利賀ダム建設地の地滑り地帯

広島での大規模土砂災害で多数の方がお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈り致します。そして、多数の方々が避難生活を強いられています。
災害の早期の復旧を願います。

この災害で印象に残ったのは、地名には災害から逃れるための先人の知恵が刻まれているという問題です。

以下のページはなるほどと思いました。

「THE PAGE 気になるニュースをわかりやすく」
広島災害の教訓―変わる地名、消える危険サイン

なお、
八木地区の古名が「蛇落地悪谷(じゃらくじあしだに)」だという話がセンセーショナルに拡散してしまっていること

(例)【恐怖・画像】広島土砂災害の八木地区、昔の地名は八木蛇落地悪谷(じゃらくじあしだに)だった

などについて、地名解析を地誌や故事から正しく行うべきだという指摘は、重要だと思いました。

顧歩日記
http://takanashi.hateblo.jp/entry/2014/08/28/235406

以下は、ツイッターで連投したものの再掲です。表題のとおり、利賀ダム(南砺市利賀村)の建設・湛水によって、地滑りを誘発する危険性を指摘しています。

————————————————————————————-

①広島の災害で考えたいのは、太古より人々が災害の危険性を後世に伝えるために、地名に意味づけ付けし伝承して来たことの重み。10年単位で営みを変化させる現代において、100年単位で起こる災害に対応するには、先人の知恵を今こそ生かすべきだと思う。 続きを読む 地名と災害について。利賀ダム建設地の地滑り地帯


チョーサイタニワカ…黒河夜高祭

今夜は、毎年恒例の「黒河夜高祭」でした。

思い思いの行灯を手に、子ども達が「チョーサイタニワカ、ゴモンザイタニワカ サンモンザケニ ヨータヨータ」と、黒河夜高の独特のお囃子を歌いながら、黒河地内を練り歩きました。

私は、わが町内の落ち着かない子どもらをコントロールしつつ、お囃子の音頭をとってました。 続きを読む チョーサイタニワカ…黒河夜高祭


くらし応援の政治へ全力!