共産党演説会

12.19日本共産党演説会ー国民連合政府をめざして

安倍自公政権から民主主義・立憲主義を取り戻し、国民の力で政治を作り上げていくためには、何が必要か。どんなたたかいが求められるのか。そしてその展望と日本共産党の役割を縦横に語ります。

12月19日(土)午後1時半〜 高岡商工ビル・ホール
★★★ 日本共産党演説会 ★★★
◆メイン弁士:笠井亮(かさい・あきら)衆議院議員
◆弁士:高橋わたる(党県委員会書記長)
◆主催者挨拶:坂本ひろし呉西地区委員長
◆来賓挨拶:戦争法廃止の国民連合政府に向けて、各界の皆様から連帯・激励のご挨拶をいただく予定です。
共産党にアレをコレを聞いてみたい!!方は ▶︎▶︎▶︎ 質問・お問い合わせ入力フォーム

若い世代で真面目に語り合いたい方は ▶︎▶︎▶︎ 若い世代で「しゃべり場」

保育コーナーも設置して、子育て世代の皆さんが参加しやすい形にします。
20151219ビラver4

笠井あきら衆議院議員プロフィール
笠井あきら衆議院議員
1952年10月15日生まれ
東京都三鷹第4小学校、東京教育大学付属駒場中学・高校、東京大学経済学部卒。同農学部でも学ぶ
参議院議員1期(95年~01年)。参議院沖縄・北方問題特別委員長など歴任
05年総選挙で衆議院当選、以来連続3期
被爆2世。世界50数カ国を訪問。“野党外交”の先頭に
現在、日本共産党常任幹部会委員、政策委員会副責任者、国際委員会副責任者、原発・エネルギー問題対策委員会責任者、社会科学研究所幹事
衆議院国会対策副委員長、憲法部会長
非核の政府を求める会常任世話人
衆議院外務委員、憲法審査会委員、原子力問題調査特別委員、拉致問題等特別委員
東京都三鷹市在住。家族は妻、母
趣味は、料理、ウォーキング、音楽
著書:『政治は温暖化になにをすべきか』(新日本出版社)
以上は、笠井あきらホームページからの引用です。

会場案内〔高岡市丸の内1−40〕


くらし応援の政治へ全力!