高岡市議は「研究のためなら、政務活動費で酒代を出せる」と主張。フザケルナ!!

許されると思いますか。

高岡市議10人が2012年に政務活動費を使って、研修目的でイノシシ料理を堪能し、日本酒25本、ビール10本、焼酎2本。

記事によると、市議らは研究研修費名目なら、酒代は政務活動費で支出できるという解釈を主張しているそうだ。「研修の宿泊費に含まれる」「規定に反していない」「酒を飲みながら研究してもいい」と主張したそうだ。

聞いて呆れるとはこの事である。富山市議会ならとっくの昔に市民の批判を浴びて辞職しているようなものではないか!

新年から引き続き政務活動費問題を徹底追及する北日本新聞である。

高岡市議会は、あと2名が辞職すれば補欠選挙である。仮に辞職しなくても4月の市長選の際に同時に市議補選があるのではと期待したが、市長選の時期が本選挙(10月)まで6ヶ月未満のため、市長選と同時の市議補選もないそうだ。となると、疑惑高岡市議らが辞職しないで頑張り続ければ、「政治と金」をめぐっての市民的な政治戦が全くないままに、10月の選挙まで時を過ごしてしまうことになる。

こんなことを許さない、世論を広げる必要があると思う。

高岡市議10名が政務活動費で酒。
高岡市議10名が政務活動費で酒。