8月6日の娘と僕。妻と僕。

今年も8月6日がやってきた。
原爆が広島に落とされた日。

毎年この日の朝には、平和記念式典(広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式)が行われる。

今朝は8時前から、次女がテレビをつけて、録画してあった『もののけ姫』を観ていたので、
「今日は何の日か知っている?ほら、この字読める?」
と「しんぶん赤旗」の1面を見せた。今日被爆71年
次女は被爆といってもピンこなかったようで、

「広島に原爆が落とされて、一瞬のうちにたくさんの人が死んだんだよ。『はだしのゲン』読んだことあるでしょう。」

「ああ、あれね」

「そう」

「お母さんの名前は、この原爆に関係があるんだ」

「えっ?」

そして、NHKにチャンネルを切り替えると平和式典の画像が映し出された。

「原爆が落とされた日、8月6日の今日は、お母さんの誕生日だよね。戦争でたくさんの人が死んだけど、その中でも原爆では一瞬で何十万人の人が死んだんだ。そんな戦争がない世の中、美しい平和な世界を作る人になってほしいという願いが、お母さんの名前に込められているんだって。」

「へえ〜」

そして原爆が炸裂した8時15分。

私と次女は、テレビの中の人たちと一緒に黙祷を捧げた。

世界で唯一、人間に向けて使われた原子爆弾の被害国である日本で、このような悲惨な原爆の実相を私たち日本人が毎年振り返り、その廃絶の意義を確認し続ける行為は、相当な意識と努力がないと継続しないと思う。平和教育って大仰なものではないけれど、僕はそういう、一人ひとりの行為がとても大事だと確信する。

21年前の8月6日、8時15分、つき合い始めたばかりの妻と僕は、今日の娘と僕と同じように、黙祷していたことを思い出した。

妻の誕生日に感謝。

市長の言葉は今年も核廃絶に向けた強い決意が込められていた。
市長の言葉は今年も核廃絶に向けた強い決意が込められていた。
子ども代表は、次代に原爆被害を伝える必要性を訴えた。
子ども代表は、次代に原爆被害を伝える必要性を訴えた。