「国難」とは、安倍政権そのものだ!

安倍首相は、本日記者会見し、9月28日の臨時国会開会冒頭に衆議院を解散すると発表し、「国難突破解散」と銘打った。

国民の多くは、なぜ今解散なのか?という疑問をもち、反対する人が6割を超えたという報道がなされた。(共同通信衆院選第1回トレンド調査:9月23〜24日)

この会見によると、解散する理由は、

消費税10%引き上げによる税収増は、大方借金の返済に使う予定だったが、それを変更して一部を子育て世代への投資につかうという変更を決断した。そのことに対して信を問うため。

また、北朝鮮問題に対して毅然とした対応をしてきたが、そのことに対する信を問うため

と、大体こういうことだったと思う。

安倍政権へ不信の強まり、国民の批判の根本には、森友・加計学園にまつわる首相の関与=国政の私物化疑惑にある。憲法違反の法律をろくな審議もせずに数の力で押し切ってしまうその政治手法に、国民的批判が高まっていた。都議選の自民党惨敗は、それを示している。

野党による国会開会の要求を3ヶ月も拒否し続け、ようやく臨時国会を開会するとなったのに、その国会で所信表明演説もせず、代表質問も行うことなく、冒頭で解散する。これこそ、国会をないがしろにし、国民の声に耳を傾けない、安倍首相らしいやり方である。

消費税の方針変更について信を問うという前に、まず国会で堂々とそれを提案し、国民の前で議論する場を作るべきだ。日本の安全に関わる重大な北朝鮮問題について、国会でも徹底して審議し、如何にしてこの危機的状況を打開できるのかを、与野党が徹底審議すべきだろう。

安倍首相の本音は、国会を開いて審議したら、森友問題でも加計学園でも、重大な新証拠や証言や録音データなどが次々と飛び出しており、それを材料に追及され、逃げ場がなくなってしまうというところにあるのは明白だ。

だから、今度の解散は、「疑惑隠し解散」と批判されるのである。

国民の暮らしの厳しさと経済の行き詰まりをよそに、自らのお友達に便宜をはかるために国政を私物化し、自衛隊の海外での武力行使に道を開き戦争国家づくりに邁進し、北朝鮮問題では世界の多くの首脳が「話し合い」を求める中で武力による威嚇をエスカレートさせる米国に追随し、圧力一辺倒で「対話を完全否定して」緊張を煽る、これが安倍首相である。

首相記者会見の後に、地元紙記者さんたちから感想をもとめられ、このように答えた。

「国難突破解散」とはいうが、

国難とは、安倍政権そのものである。

国難を打開するには、安倍政権を退陣に追い込むしかない。

と。

ツイッターみてたら、やっぱ考えることはみんな同じなんだね。「#お前が国難」