カテゴリー別アーカイブ: 健康

禁煙の流れに抗うのは無駄な戦い。諦めるのは早い方が良い

世界から大きく遅れた日本でさえも、以前には考えらなれなかったような、たばこ規制がすすんできた。
昔は映画館でも電車でもバスでも平気で吸っていたけど、今では考えられない。公的施設での喫煙や歩きタバコ禁止、民間でも職場を禁煙にしている事業所が多数であろう。

これが今や常識なんだけど、そうした規制が強まるたびに、「吸えない場所が減る!困った!」と騒いだものだ。そういう私も20代は、毎日1箱は吸っていた。お気に入りは「マイルドセブンライト」という銘柄で、支出ノートに「M7L」と記載していたことを思い出した。

この夏、妻と「美味しい」と評判の富山市内の「大衆割烹」と銘打った老舗へ入った。満席状態で促されたカウンターでは、私の真横の客が美味しそうにたばこを吸っていた。たばこと居酒屋

せっかくのお酒もお刺身も台無しだった。残念ながら、今後はこのお店に自ら選んで行くことはないだろう。味が勝負というお店で、喫煙を許していること自体が、もう「終わっている」。

「タバコくさい人とは一緒に居たくないし、仕事もしたくない」そんな人は世にどんどん増え続けている。たばこをめぐる環境は、厳しくなることはあれ、緩くなることは絶対にない。

そう。「たばこ規制強化は、絶対的」なのである。

その流れに、あれこれ理由をつけ抗うものもあろうが、絶対的変化の方向に対する無駄な戦いだと諦めて欲しい。

必ず1箱2千円、3千円になる日が来るし、
「子どものいる場所で喫煙したら罰金5万円」の時代も来る。

喫煙を諦めるのは、早い方が良いのだ。

たばこをやめる時期によって、節約できるお金は大きく変わるし人生も変わる。

1日1箱の喫煙をやめれば年間16万円。
このお金で、家族と超贅沢な旅行に行ける。

10年間で160万円の節約だ。
私なら中古車を買って2回の車検やって、また新たに中古車を買い換えて2回車検する分くらいだ。(私は所得が少ないがゆえに、車にお金をかけることに全く価値を見出していない。)

何よりも、まわりへの迷惑度が大幅に低減する。
そして、まわりからの好感度は大幅に増大する。

禁煙普及は、個々人の努力、民間の努力に任せておいては絶対に進まない。喫煙が許される場所が「まだある」状態から、「完全にない」状態を作り出すまで、徹底して国家なり行政が規制を強める以外にない。

そして、その保証は、たばこ規制強化に対する世論の強い後押しがあってこそである。これは、手放しでは進まず、私たちの日常不断な努力が必要とされるのだ。

以上。

このメモを書いたのは、本日2016/8/20付「しんぶん赤旗」に豪州でのたばこ規制の教訓や世界的な取り組みについての記事が詳細に紹介されていたからである。ぜひお読みいただきたい。(画像参照)
20160820赤旗_豪州たばこ規制