カテゴリー別アーカイブ: 映画

『1984年』の国民監視・独裁政治を彷彿させる「スノーデン」


先日観てきた映画「スノーデン」
CIA(中央情報局)、NSA(米国国家安全保障局)に勤務していたエドワード・スノーデン氏によって、国家機密が暴露・告発された。それに端を発した大事件と主人公の葛藤を描いていた。
米国は、全世界の国家・個人の膨大な、あらゆる情報を監視し、その情報が、自国の安全保障・外交国家戦略の土台となっている。その諜報、撹乱活動はすさまじいもので、例えば日本の米軍横田基地にスノーデン氏が着任した際の描写では、日本の原発をはじめとする発電所やあらゆるインフラのネットワークにすでに侵入しており、日本中の電源を瞬時に落とすことも可能だという。
各国の首脳や資産家など狙いをつけた人物の人脈を全て調べ上げ、対象の人物のわずかな弱点を突いて動きを止めたり誘導する。政治的抹殺も赤子の手をひねるようなものだといった感じであった。
あなたのパソコンや端末が遠隔操作されて、情報がダダ漏れ。メール、SNS情報は完全に筒抜け。
私たちの個人情報は完全に掌握されている。背筋が凍る話だった。
まあ、そういう世界に私たちは生きているという前提で、できる範囲で防衛していくしかないだろうと、これが現実なのだと半ば諦めて思う。
しかし、だ。
人間には自分の秘密を侵されない権利がある。世界60億人の一人ひとりにはそうした固有の人権があり、個人の尊厳が守られなければならない。
何人たりとも、そしてどんな巨大な権力でさえも、個人の権利を犯すことは絶対にできないのである。

パンフレットでも指摘されていたけども、ジョーオーウェルの小説『1984年』で、主人公を監視し拷問し思想改造する人物として描かれているオブライエンが、スノーデンの上司として出てくるコービン・オブライアンと意図的にダブらせている。『1984年』では、影の支配者ビッグブラザーが、テレスクリーン上に現れて国民を扇動するが、映画では、コービン・オブライアンが、スノーデンを支配し説得する図として描かれていた。
米国の情報監視機構とその運営に対する告発は、独裁政治への道を阻止しようとするたたかいなのだ。


映画「人生の約束」

ドタバタと忙しくしていると、映画の時間をとるには相当な意識をしないと出来ないものです。
富山県人として、射水市民として、これだけは観ておかないといけないと思いつつ時間が過ぎていました。
午前に会合があると富山に向かって会場に到着したところ、午後からだということがわかり、映画で時間を潰せるかググったところ、上映まであと5分だがなんとか間に合うかも、というギリギリの時間だった。
滑り込みで上映時間に間に合った。

舞台は、新湊。ああ、見たことある!という風景もかなり出てきて(新湊は詳しくないけど)、射水市PTA連合会の会長さんも重要な役で冒頭から出演、自分の映画のように感じながら見た。内容は触れないが、泣かせる映画だった。富山弁もふんだんに出てきたが、やはりわが県民からするともう一歩。県人である室井滋さんは、まんま富山の人だった。

心温まる映画、もう一度観ておきたい。

「人生の約束」公式サイト

竹野内豊も、江口洋介も、よかった。そして、父を亡くした娘を演じる新人、髙橋ひかるもよかったね。

人生の約束」髙橋ひかる+竹野内豊


『アクト・オブ・キリング』のものすごさ

トンデモナイ映画だ。 60年代インドネシアでの大量虐殺の首謀者たちは、今もなお社会でそれなりの地位を得て悠々自適の生活を送っている。その彼らに、映画の中であの虐殺を再び演じさせ、さらに映画制作に関わらせるという、とてつもない内容である。 アクトオブキリングチラシ表 アクトオブキリングチラシ裏 フォ

フォルツァ総曲輪の上映終了日まであとわずかだったが、何としても観なければと駆け込んだ。 観てよかった。

いかに出血させずに、短時間で殺し処理するか。その生々しい証言を、処刑場となったその場所で、殺人者が身振り手振り無邪気に笑みを浮かべながら説明する。

殺人者と共演する人の中に、幼少の頃、父が逮捕・拷問の末虐殺され、父の亡骸を叔父といっしょに人目につかぬよう道路わきに埋めたという男性がいた。その男性は、父を殺したであろう相手と共演し、映画の中で拷問をうける役を演じたのである。演じているうちに、彼は当時のことを思い浮かべ正気を失ってしまった。 信じられないキャスティングである。 続きを読む 『アクト・オブ・キリング』のものすごさ