カテゴリー別アーカイブ: 日本共産党

アメリカ言いなりの日本の根源をたどる

昨日、若者たちと「アメリカいいなりの日本を変える道」について学習・交流をしました。私は、志位和夫党委員長の「日本共産党綱領セミナー」(民青同盟主催、2017年)パンフレットや、『綱領教室』(1巻)の関連部分を参照し、とくに戦後のアメリカ占領期間の7年間の対日支配の変化を紐解いて解説しました。なぜここまで日本(の支配層)はアメリカに卑屈なのかという根源的な問題については、この時期の日本に立ち戻らないと理解できないからです。


1951年サンフランシスコ平和条約と、同時に秘密裏に結ばれた日米安保条約(旧)が、「行政協定」と「交換公文」という三重底の仕掛けによって日本中の基地を米軍によって自由使用可能とする「全土基地方式」が占領時代から引き継がれたことなど大事な点が書かれています。新安保条約(1960年)では、「いよいよ日本がアメリカと対等になる」などと説明されたが、実際は「表」の条約と、国民に知らされずにむすばれた日米間の「裏」の密約群があり、現実はその密約通りに運用されてきたことをいくつかの事例で確認しました。

「日米同盟」、つまり「日米安保」というものが当たり前のものとして、日本社会や政治が語られているのですが、本当にそうなのかという問題提起がないと、事の本質に迫れないのだと思います。普天間基地移設・辺野古基地建設強行、全国での米軍犯罪、日本の経済がアメリカの都合でいくらでも歪められる問題、などなどの大元は安保条約とそれらを実質的に形作る日米「密約」です。この問題にノータッチで、日本社会が真に独立を果たし、国民主権が生きる国にはならないという事です。

参加された若者の中で、「日本共産党の考えに共感します」という方がおられ、入党していただきました。多くの若者たちと、日本社会の歪みについて、根源的な情報を共有して行けるように一層の努力が必要だと思います。


「真っ当な保守」と「漸進的改革の日本共産党」が一致する時代

「以前の自民党はよかったけど、今の自民党は本当にダメだ」

とか、

「ずっと自民党員だが、安倍政権になってからの自民党はおかしい」

とか、

何気ない会話の中でよく聞くようになったと思う。

保守と自認し、また自民党員としてより良い社会を願う人がいる。
一方、今の安倍政治を変えるためにこれまでの経緯を乗り越えて野党共闘を目指す流れもある。
これらが一体となって進んでいける条件は十分にあるはず。

【保守とは何か?】

【保守と日本共産党が一致するのはなぜか?】

という点を深めたのがこの
動画「なぜ『保守』論客が『とことん共産党』に?」
である。

中島岳志さんがおっしゃるように、「真っ当な保守」の願う方向と、「漸進的改革を目指す日本共産党」の存在は、しっかり重なってくるというのは今の時代の大きな特徴だなと思う。

ダイジェスト版は17分。

本編は、さらに深い。

まずダイジェストを見て、興味が沸いたら本編(1時間9分)を。
興味ある人は最初から本編を。

冒頭から、中島さんが師匠と仰ぐ西部邁(故人)さんの話でグイグイ惹きつけられる。西部さんと中島さんがちょうど選挙前に会話した際、政党選択のネット診断をすると「やっぱり共産党になるよね」と話し合ったエピソードとか、
また、大東亜戦争に批判的・反対だったのは共産党と保守だったがそこが重要だ、今の自称保守はあの戦争を肯定している点で保守とはいえない、とか。
非常に興味深い。

自衛隊の対応は、軍隊のない社会=憲法9条を全面実施すること=をしっかり堅持しているからこそ、当面自衛街を廃棄せず国民の合意で縮小に向かっていくという政策を打ち出すことができる。
未来展望を語ることを「お花畑だ」と批判するむきもあるが、そうではないとスパッと言い切っている。

未来社会(社会主義・共産主義)をしっかり展望しているからこそ、当面の資本主義の枠内での漸進的改革の課題にもしっかり臨んでいけるのだということが、中島さんの話で裏付けられる。

左派の人たちのよくない点は、理屈で正しさを相手に強要する部分だ、「〜すべきだ」といった言動は、その象徴だと。そこには考えの違う人との違いを認め合い、互いへのリスペクトと対話でより良い道を紡いでいく努力が不可欠だという意味の話も興味深い。
終了間際の雑談で中島氏「赤旗の見出しキツイなと思うことありますよ」
うん、こういうことをどんどん言ってもらって、またしっかり受け止め改善していく党にならなければね。


呉西地区党会議で、市議選、県議選、参院制勝利めざす新しい体制を確立

第69回呉西地区党会議で報告する

4日、党呉西地区委員会の党会議(定期大会)が開かれました。
基調報告では、2017年、党の地方議員の議席数を倍増させ市民の声を市政に反映させる力を強くできたこと、安倍9条改憲を阻止する署名運動の広がりとその中での粘り強い努力、今年の小矢部および氷見市議選、来年の県議選と参院選で勝利をめざすこと、そして党の組織力強化の必要性と努力方向を提起しました。
その後、各地域で活動するみなさんの活発な討論で教訓を導き、今後1年の運動方針案を深め採択しました。
この方針を遂行する執行機関である69期新地区委員会を選出し、新委員長には瘧師浩元さんが選ばれました。委員会構成も女性委員の比率を高めて、運動の前進にふさわしい体制となりました。
私は、4年間呉西地区委員長をつとめてきましたが、今会議で退任することとなりました。今後は新しい部門での仕事となります。