カテゴリー別アーカイブ: 富山県県議選

射水市で日本共産党県議、津本ふみお県議誕生

2019年4月7日、富山県議会議員選挙投開票日でした。射水市(定数3)でのたたかいで、日本共産党公認・津本二三男氏が初当選をはたしました。開票結果が届き、当選が確実となった選挙事務所で、当選の万歳のあと、選対責任者として発言した要旨を備忘のため残しておきます。


2019年4月7日
津本ふみお選対責任者
坂本洋史

結果報告会挨拶要旨

昼夜を分かたず、奮闘された支持者、後援会員の皆様。そして党員の皆様、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
「心配で心配で夜も眠れなかった」という方も多かったのではないかと思います。ご支持いただいたすべての射水市民の皆さんに御礼申し上げます。

そして、何よりも、この1年、全力をつくして選挙準備、そして告示後のたたかいを最後まで戦い抜いた津本さん、本当におつかされまでした。
(1)津本さんという人柄と、地域の皆様の熱いお支えがあってこその勝利。
10期36年。27歳からの議員生活。
腰が低い、人の話を聞く、評判がよい。「この人なら」という声があちこちに広がった。津本さんを知る小杉町民を始め、市内各地で「津本さんに世話になった」「助けられた」という方が多数おられます。津本さんはそれを特に自慢することもありません。
常に市民の側にたって、暮らしを応援する立場での議員活動が高く評価されたと思います。
政策的には、
消費税増税をストップ、国民健康保険税の大幅引き下げ、年寄りの足の確保(コニュニティバス、デマンドタクシー)、若い人たちに希望を持てる社会のためにも奨学金の創設を。この訴えが響いたのではないかと思います。
こんな津本さんなら、「暮らしの声を県政にも届けてもらえる」と市民が確信し、その思いを行動に広げ、人から人へと広がりました。
土井由三さんはもちろんのこと、ご推薦いただいた太閤山地域振興会、中太閤山、南太閤山地域振興会の、地元の皆様をはじめ、多くの市民のお支えがあったことを改めて感謝申し上げます。

(2)政治を変えたいという市民の願いが示された
今度の選挙は、うそ・いつわり、隠蔽、憲法の原則を無視する安倍政権のもとで、暮らしもますます大変になり、経済もいよいよ後退局面が明らかになる中で、「こんな政治は許せない」「あまりにひどい政治だ」、「自民党だがもうやめた」という声あちこちで広がった選挙でした。自民党員だという人が、津本ふみおを応援するということも相当数ありました。
自民党王国・保守王国の、しかも定数3で勝利することの意義は極めて大きなものがあります。そして、ここで議席が増えれば、40年ぶりに共産党の県議が複数になるという意味でも、政治を変える穴を開けるのがこの射水だったということです。この政治ではだめだ、との声が広がった結果です。

(3)3つ目に強調したいのは、県議挑戦12年の戦いの結果だったということです。
党としては、2007年に初めて定数3となった射水で、議席獲得の挑戦をしました。以来3度の挑戦があり、そして今回4度目に悲願の議席獲得となりました。まさに4度目の正直です。12年の戦いの積み重ねの上にある勝利であることを強調したいと思います。

この間、振り返ると、政治的には大きな出来事、変化があります。2011年の震災と原発事故をきっかけに、巨大な国民的運動が起きました。そして安倍政権の憲法破壊の政治のなかで、2015年の安倍政権の元での戦争法が強行され、それ以来、歴史的とも言える「市民と野党の共闘」という巨大な流れができ、今日に至っていることを改めて強調したいと思います。県内でもオールとやま県民連合という運動体が作られ野党共闘のとりくみでの政党間の接着剤として巨大な役割を果たしておられ、この射水でも「射水でも実行委員会」の共同の取り組みが継続されています。
こうした共同のなかで、今回の戦いでも立憲野党の議席を拡大しようと、今までになかった支援の輪がひろがりました。
そして、2017年に射水市議選にて根木武良市議の誕生による共産党の複数議席を獲得したことも大きな力となりました。市議会での複数議席の獲得は、それを目指した2013年市議選での岩井富雄さんの挑戦・奮闘があったことを加えておきたいと思います。

県議の挑戦は、大きな壁でしたが、「射水市民の声を県政に届けたい」という党としての姿勢・立場あったからだと自負します。これは日本共産党の掲げる、「住民が主人公」、「国民の苦難あるところ日本共産党あり」という立党の精神がこの射水で貫かれたからだと思います。この長いたたかいの1つの到達点として、今日のこの議席があるのだということを、強調したいと思います。

最後に、
今度の勝利で終わるわけではありません。
「政治を変える」仕事は、議員が当選したら後はお任せではありません。
津本ふみお県議を力にしながらも、良識ある射水市民一人一人が民主主義を形作る主人公として積極的に政治にかかわり、そして地域づくりの主人公として、一層自覚的に立ち上がりることが大事だと思います。
市民と野党の共同は、政党と市民が力をあわせるということが必要です。
手と手を取りあって、理不尽な政治にたちむかい、地域の切実な要望を実現していく第一歩にする日とし、きたる参院選にのぞみたいと思います。

選対責任者から、ご支持ご支援いただいたすべての方々へ改めて御礼申し上げて挨拶とします。


百条委員会設置するくらいの構えがあって初めて、議会の信頼が回復すると思う

20160923北日本新聞・大井正樹高岡市議の記事
本日の北日本新聞が、現職の高岡市議会議員の政務活動費に関する不適切な取り扱いがあったことを報道しました。
一昨日、二上圭介元市議が不正に115万円の政務活動費を得ていた問題が発覚し、これを受けて今日午前に、市議会議長へ再度の申し入れを行うこととしていました。その矢先、本日朝の報道で、現職の市議、大井正樹氏の政務活動費で疑惑が持ち上がったのでした。
党が百条委員会設置を求め要望するのは9月8日に続く2回目。

申し入れ全文は、画像の通りです。20160923高岡市議会議長宛申し入れ
二上氏の不正問題は、自民党会派が調査した結果として発表したものですが、この時には、大井氏も同席していたのです。そして、「現職議員には問題はなかった」と説明していたわけで、その舌の根も乾かないうちにから、こうした疑惑が浮上することは、内部的に相当深刻な実態にあることを想像させます。水口議長は、今回の(大井市議の)ことは昨日聞いたばかりで、きちんと事実関係を把握したい。ご要望はしっかり受け止めて「議会改革検討委員会」で検討を重ねていきたい、といった回答でした。
党側は、「議会改革検討委員会」で検討という一般的なものでなく、「前代未聞の事態」ということの重大性からも、緊急に、特別な調査の場を作るべきで、百条委員会を設置してすることが重要だ。議会としてそういう姿勢が必要でありそうしてこそ、市民の信頼が回復できるのではないか、と迫りました。

各会派の調査とか、議会改革検討委員会での検討とかでは、もう問題に迫りきれないのです。
百条委員会という強力な権限を持つ場を作らない限り、うやむやになっていくのは目に見えています。
調査結果を小出しに発表したり、会派調査で「問題はなかった」などお茶を濁している間は、「どうせ高岡市議会も、富山市議会と同じだろう」という市民の疑いは晴れるどころか、「何か隠しているのではないか」との疑念を払拭できないままに、議会の権威を失わせる結果になるのではと心配します。

むしろ、全面的に明らかにする立場を示し実践してこそ、議会の権威を上げ、信頼回復につながるでしょう。議長には、そうした方向で、「ぜひイニシアチブを発揮していただきたい」と、強く要望しました。

20160923高岡市議会議長申し入れ2


辞任続出、今こそ、高岡から清潔な女性の県議を!

昨日9月22日午後、高岡商工ビルで、「市民の力で、なくそう政治腐敗! 政治を変えよう大集会」と銘打って、日本共産党演説会が行われました。相次ぐ政務活動費を巡る不正の発覚と議員の辞職。政治とカネに関わる不祥事は「氷山の一角」というのが市民・県民の共通の思いです。不正を許さず多数独占で驕る自民党を厳しく追及し、それを生む構造にメスを入れ、二度とこうした事態を生まないための議会改革を訴える集会となりました。
主催者として挨拶しました。

 

みなさんこんにちは。

日本共産党呉西地区委員会の委員長を務めております、坂本ひろしでございます。主催者を代表しまして、ご挨拶いたします。
日頃から日本共産党の活動へのご理解、温かいご支援に心から感謝申し上げます。

今日は、「市民の力で なくそう政治腐敗!政治を変えよう大集会・日本共産党演説会」に集まりいただきまして、本当にありがとうございます。

毎朝、新聞を見るのが楽しみでしょうか?もう嫌になりますよね。テレビの前にいると、富山県人として恥ずかしくてたまりません。

次々と明るみに出る政務活動費のだましどり。

「政務活動費」・・・議員に政策調査研究等の活動のために支給される費用・・・私たちの税金から賄われるこのお金を、領収書やハンコを偽造し、開いてもない議会報告会をやったのように偽って、コピー代、茶菓子代を請求、そして何百万・何千万というお金が自民党会派や民進党会派の議員のフトコロに入り、彼らのゴルフ、酒代に変わり、また次の選挙資金の積み立てにプールされていたという話であります。

政務活動費が自分の財布だと勘違いしているんじゃないでしょうか。

新聞の見出しでは、政務活動費を略して、「政活費」と書きますが、まさに、議員の「生活費」じゃありませんか。

「生活が苦しかったから」と言い訳したりする人もいるようです。各方面から、「毎晩のように桜木町を歩いてる」といった噂は絶えませんでした。酒を飲み歩き、遊び回っているからこそ、お金がなくなるんじゃないですか?

もうこんなことはいい加減にしてもらいたい!!

今回の事態の発端は、参議院選直後に、高岡選出の矢後元県議が、書籍代の領収書を偽造して、何と460万円のものお金をだまし取っていたことが判明し、辞職したことからです。

富山市でも、高岡市でも、マスコミや日本共産党の調査・追及によって、次々と実態が暴露され、逃げきれなくなって、辞職するという事態になっています。昨日は、高岡の元市議が不正をしていたことが明らかになりました。高岡市議会でも、富山市議会同様のことが行われている可能性が高まっており、明日にも、議会に対して、百条委員会設置、過去の政務活動費の使途チェックを行うよう、求める要請を行います。

高岡では一昨日、山上正隆・民進党県議がお金をだまし取っていたことが発覚し辞任を表明しました。この夏の参院選まで共に手を携えて、自民党・安倍政権を倒そうと、道用悦子さんを立てて、県民とともに県内4野党揃って手をつないで頑張ったばかりです。わが党は、来る総選挙でも、全国的にも、そして富山1〜3区の小選挙区での野党共闘を実現させ、自民党を追い詰めるために引き続き奮闘することは言うまでもありません。民進党の再起を願います。

日本共産党が不正と無縁なのは、政党助成金をもらわず、企業・団体献金をももらわず、党員の党費と、支持者の皆さんからのカンパで活動を支えているからです。「しんぶん赤旗」は、雨の日も風の日も、毎日・毎週発行し、配達し、毎月集金して、100万人の方々から浄財をいただきます。財政を作り、活動を作り上げるには大変な苦労が伴います。赤旗の発行を維持するために赤字ギリギリになっているのですが、まだまだ私たちの宣伝が足りないため、国民の中には「共産党は金持ちだ」という誤解があります。何れにしても、しんぶん赤旗の事業の大きさは、日本共産党が国民と広く結びついた活動をしているということの証です。

日本共産党にはこうした苦労があるからこそ、議員報酬や政務活動費というものは、我が党のものでもない、ましてや議員個人のものでもないという、考えが貫かれているのです。政務活動費を県民のため、市民のために使うのが、我が党の一貫した立場です。火爪県議の政務活動費の大半が議会報告の発行に使われます。つまり皆さんから預かったものは、県民の皆さんのために使う、この当たり前のことを実行しているのが、日本共産党です。

井上哲士参議が語る。現在、定数が40の県議会。28名が自民党、公明党が1、社民党会派が4名、民進党会派がゼロとなりました。その他2名。合わせて36名です。つまり、県議会議員は、死亡した人1名を含めて4名が欠員となっており、それを補充する補欠選挙が戦われるのです。高岡で、高瀬あつこさんを議会に送り出すならば、ひづめ弘子県議と合わせて二人、「多数独占」で驕る自民党に厳しい追及をする、日本共産党県議団を誕生させることができます。

自民党は、昨日の高岡元市議の不正発覚で大混乱に陥っています。戦々恐々として、自民公認で県議候補を立てられるかどうかはわからない情勢です。

民主党も高岡では候補断念。今が議席獲得のチャンスです。

高岡の県議は、定数7の選挙区ですが不正による辞職で2名が欠員という、前代未聞の事態になっています。高岡での共産党が議席獲得すれば、57年ぶり(半世紀)の快挙となります。<昭和34年(1959)以来>
10月23日の県議補欠選投票日までの1か月は、富山の中での政党間の力関係を大きく塗り替えて、富山政治史をぬりかえる突破口を作り出すための、決定的な1か月です。

高瀬あつこさんは、二度目の挑戦。私利私欲なく、女性の目線で頑張れる人。この人を高岡からから押上げましょう。

補選2議席を自民党に独占させるわけにはいきません。押して押して押しまくって、必ず押し上げましょう。

大きなご支援を呼びかけまして、ご挨拶とします。

 

演説会では、選対本部長の金平直巳高岡市議、矢後肇元県議を告発した代理弁護士の坂本義夫氏、井上哲士参議院議員が登壇。

●金平高岡市議は「共産党2議席が見えてきたのでは」というマスコミの声も紹介し、勝利のためにビラ配布、電話かけへの協力を訴えました。また、勝利できる強く大きな党にしたい、と入党を呼びかけました。

●坂本義夫弁護士は領収書偽造その他、明らかになった数々の手口について厳しく批判。2014年に高岡市議会議員9名が紳士靴を防災靴の名目で購入したことが発覚し、その後批判を浴びて代金を返却したことがあったことを取り上げ、もし今なら完全に辞職に追い込まれるほどの性質の事柄だと強調。さらに、9名の中に、今度の県議補選に立候補を予定している酒井立志氏が含まれており、「こんな人を県議にしていいのか」と訴えました。そして、共産党の高瀬さんにこそ県政へ行って欲しいと締めくくりました。

●県政挑戦への決意を語った高瀬さんは、「なぜこんな犯罪が起きるのか?それは自民党議員におごりがあるから。目線が市民に向いていないから」ときっぱり指摘。県民の怒りの声を受け止め、真相究明に全力を挙げることを強調し、それができるのは日本共産党であると訴えました。これまで住民の切実な要求実現〜子ども医療費無料化では六千名の署名を集めて対象年齢を中学3年生まで引きあげさせたことや、住民運動で水道料金引き下げたことなど〜で奮闘してきたことを紹介し、暮らし破壊政治の中で、学童保育の充実、特養ホーム待機者ゼロ、最低賃金を引き上げることを公約し、「何としても私、高瀬あつこを県議会へ押し上げて欲しい」と迫力ある訴えで結びました。

●井上哲士参議は、自民党はこの富山で白紙の領収書を使って税金をだまし取って大問題になっているが、本部でも同じことだ。稲田防衛相が白紙の領収書を自民党各議員側から預かって、そこに勝手に金額を書いて支出していたと報告をしていること(同一人物の筆跡で、各議員の領収書が記入されている)、しかも、その領収書を提供していた者の中に、野上浩太郎氏も含まれていたことを暴露しました。そして今、東京と富山が全国の注目の的となっており、この高岡で県議補選で議席をとることが、日本の未来がかかった選挙であると強調して、高瀬あつこさんへの支援を訴え結びました。

ともみ組が野上浩太郎励ます会会費を払ったとする領収証
稲田後援会(ともみ組)、各自民党議員側から白紙領収書をもらって、金額や日付を後から書き込んだという領収証。井上参議から。特徴的な筆跡であり、稲田事務所の同一人物が書き込んでいることは明白。