坂本洋史 のすべての投稿

惑星レベルでの環境破壊の根本は、人間と自然を分断した資本主義にある。マルクス「物質代謝」概念からの把握

最近刊行されたもので、偶然入手したので読み始めたところ、やめられない止まらないという状態になった。とても意欲的な著作である。

『大洪水の前に〜マルクスと惑星の物質代謝』/斎藤幸平著/堀之内出版/2019年

帯には、「2018年、ドイッチャー記念賞を日本人初・史上最年少」で受賞したと書かれている。

マルクスやエンゲルスが書き残した著作・草稿・研究ノート・書簡など膨大な資料をまとめる全集刊行(マルクスエンゲルス全集=MEGA刊行の実践)が国際的に長年続けられており、マルクスが生涯にわたって行った究明が日々明らかにされてきている。その研究を行なっている日本の若い研究者の著書。

本書の1章〜2章にかけて読み進めたに過ぎないが、面白い。

マルクス(200年も前に生まれた人。1818年5月生まれ)は自らの理論を確立していく早い段階から、人間と自然を「物質代謝」という概念をもちいて、両者が相互に浸透し依存し合う関係として捉えた。人間は自然の一部であるが、労働を通じ自然・土地に働きかけ自然を変えながら、その中で自らの生存条件(生産物)を作り出していくという関係である。
資本主義以前の社会では、土地の生産力を無視した生産規模拡大や、乱伐・乱獲といった自然を破壊しつくすような動機は生まれる余地がない。もしそのようなことをすれば、自然に依存する人々は生活はたちまちのうちに行き詰まることになり、社会は破綻するから。自然環境と人間生活が調和する生産のあり方をしていたのだ。しかし、資本主義社会では、自然・土地が一部の者(資本家)の私有になることで、人間=生産者が自然と切り離され、両者の調和的な関係が失われ(自然と人間の物質代謝の分断・分離・中断)、資本の増殖欲による生産規模拡大へとつきすすむ。資源の浪費、乱獲、乱採掘がすすみ、自然が破壊されていく。


今日の環境問題、温暖化ガス排出問題等々は、資本主義制度によって生産者である人間(労働者)から土地(生産手段)の所有権がうばわれたことによる「人間と自然の物質代謝」の破壊がもたらす帰結である。マルクスは、この人間と自然との非調和的な関係をもたらした根本原因である資本主義における土地(生産手段)の私有を廃止し、再び生産者(労働者)の手へと所有権を戻すことによって未来社会(共産主義社会)は実現できるのだという結論を見出す。
従来説明されてきた有力な社会主義・共産主義像は、荒っぽく言えば生産力が資本主義をはるかに超えた高い生産力を持つ社会であり、その豊かな生産力を一部の資本家ではなく多数の人々へと還元・配分できる社会なのだ、というものだった。
しかし、マルクスが若い時代から捉えていた未来社会(共産主義)とは、本来の人間=自然が一体となって調和のとれた社会へ再び還ることであり、資源の浪費や自然破壊のない本来的な自然と人間の物質代謝のあり方へと立ち戻ろうというものではないだろうか。豊かな社会というのは、物が溢れた社会、音速旅客機で世界を瞬時に行き来できる社会、世界の食物が安くすぐに手に入るというものだけでは測れない、奥深い豊な内容を持つものではないだろうか。


射水市で日本共産党県議、津本ふみお県議誕生

2019年4月7日、富山県議会議員選挙投開票日でした。射水市(定数3)でのたたかいで、日本共産党公認・津本二三男氏が初当選をはたしました。開票結果が届き、当選が確実となった選挙事務所で、当選の万歳のあと、選対責任者として発言した要旨を備忘のため残しておきます。


2019年4月7日
津本ふみお選対責任者
坂本洋史

結果報告会挨拶要旨

昼夜を分かたず、奮闘された支持者、後援会員の皆様。そして党員の皆様、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
「心配で心配で夜も眠れなかった」という方も多かったのではないかと思います。ご支持いただいたすべての射水市民の皆さんに御礼申し上げます。

そして、何よりも、この1年、全力をつくして選挙準備、そして告示後のたたかいを最後まで戦い抜いた津本さん、本当におつかされまでした。
(1)津本さんという人柄と、地域の皆様の熱いお支えがあってこその勝利。
10期36年。27歳からの議員生活。
腰が低い、人の話を聞く、評判がよい。「この人なら」という声があちこちに広がった。津本さんを知る小杉町民を始め、市内各地で「津本さんに世話になった」「助けられた」という方が多数おられます。津本さんはそれを特に自慢することもありません。
常に市民の側にたって、暮らしを応援する立場での議員活動が高く評価されたと思います。
政策的には、
消費税増税をストップ、国民健康保険税の大幅引き下げ、年寄りの足の確保(コニュニティバス、デマンドタクシー)、若い人たちに希望を持てる社会のためにも奨学金の創設を。この訴えが響いたのではないかと思います。
こんな津本さんなら、「暮らしの声を県政にも届けてもらえる」と市民が確信し、その思いを行動に広げ、人から人へと広がりました。
土井由三さんはもちろんのこと、ご推薦いただいた太閤山地域振興会、中太閤山、南太閤山地域振興会の、地元の皆様をはじめ、多くの市民のお支えがあったことを改めて感謝申し上げます。

(2)政治を変えたいという市民の願いが示された
今度の選挙は、うそ・いつわり、隠蔽、憲法の原則を無視する安倍政権のもとで、暮らしもますます大変になり、経済もいよいよ後退局面が明らかになる中で、「こんな政治は許せない」「あまりにひどい政治だ」、「自民党だがもうやめた」という声あちこちで広がった選挙でした。自民党員だという人が、津本ふみおを応援するということも相当数ありました。
自民党王国・保守王国の、しかも定数3で勝利することの意義は極めて大きなものがあります。そして、ここで議席が増えれば、40年ぶりに共産党の県議が複数になるという意味でも、政治を変える穴を開けるのがこの射水だったということです。この政治ではだめだ、との声が広がった結果です。

(3)3つ目に強調したいのは、県議挑戦12年の戦いの結果だったということです。
党としては、2007年に初めて定数3となった射水で、議席獲得の挑戦をしました。以来3度の挑戦があり、そして今回4度目に悲願の議席獲得となりました。まさに4度目の正直です。12年の戦いの積み重ねの上にある勝利であることを強調したいと思います。

この間、振り返ると、政治的には大きな出来事、変化があります。2011年の震災と原発事故をきっかけに、巨大な国民的運動が起きました。そして安倍政権の憲法破壊の政治のなかで、2015年の安倍政権の元での戦争法が強行され、それ以来、歴史的とも言える「市民と野党の共闘」という巨大な流れができ、今日に至っていることを改めて強調したいと思います。県内でもオールとやま県民連合という運動体が作られ野党共闘のとりくみでの政党間の接着剤として巨大な役割を果たしておられ、この射水でも「射水でも実行委員会」の共同の取り組みが継続されています。
こうした共同のなかで、今回の戦いでも立憲野党の議席を拡大しようと、今までになかった支援の輪がひろがりました。
そして、2017年に射水市議選にて根木武良市議の誕生による共産党の複数議席を獲得したことも大きな力となりました。市議会での複数議席の獲得は、それを目指した2013年市議選での岩井富雄さんの挑戦・奮闘があったことを加えておきたいと思います。

県議の挑戦は、大きな壁でしたが、「射水市民の声を県政に届けたい」という党としての姿勢・立場あったからだと自負します。これは日本共産党の掲げる、「住民が主人公」、「国民の苦難あるところ日本共産党あり」という立党の精神がこの射水で貫かれたからだと思います。この長いたたかいの1つの到達点として、今日のこの議席があるのだということを、強調したいと思います。

最後に、
今度の勝利で終わるわけではありません。
「政治を変える」仕事は、議員が当選したら後はお任せではありません。
津本ふみお県議を力にしながらも、良識ある射水市民一人一人が民主主義を形作る主人公として積極的に政治にかかわり、そして地域づくりの主人公として、一層自覚的に立ち上がりることが大事だと思います。
市民と野党の共同は、政党と市民が力をあわせるということが必要です。
手と手を取りあって、理不尽な政治にたちむかい、地域の切実な要望を実現していく第一歩にする日とし、きたる参院選にのぞみたいと思います。

選対責任者から、ご支持ご支援いただいたすべての方々へ改めて御礼申し上げて挨拶とします。


アメリカ言いなりの日本の根源をたどる

昨日、若者たちと「アメリカいいなりの日本を変える道」について学習・交流をしました。私は、志位和夫党委員長の「日本共産党綱領セミナー」(民青同盟主催、2017年)パンフレットや、『綱領教室』(1巻)の関連部分を参照し、とくに戦後のアメリカ占領期間の7年間の対日支配の変化を紐解いて解説しました。なぜここまで日本(の支配層)はアメリカに卑屈なのかという根源的な問題については、この時期の日本に立ち戻らないと理解できないからです。


1951年サンフランシスコ平和条約と、同時に秘密裏に結ばれた日米安保条約(旧)が、「行政協定」と「交換公文」という三重底の仕掛けによって日本中の基地を米軍によって自由使用可能とする「全土基地方式」が占領時代から引き継がれたことなど大事な点が書かれています。新安保条約(1960年)では、「いよいよ日本がアメリカと対等になる」などと説明されたが、実際は「表」の条約と、国民に知らされずにむすばれた日米間の「裏」の密約群があり、現実はその密約通りに運用されてきたことをいくつかの事例で確認しました。

「日米同盟」、つまり「日米安保」というものが当たり前のものとして、日本社会や政治が語られているのですが、本当にそうなのかという問題提起がないと、事の本質に迫れないのだと思います。普天間基地移設・辺野古基地建設強行、全国での米軍犯罪、日本の経済がアメリカの都合でいくらでも歪められる問題、などなどの大元は安保条約とそれらを実質的に形作る日米「密約」です。この問題にノータッチで、日本社会が真に独立を果たし、国民主権が生きる国にはならないという事です。

参加された若者の中で、「日本共産党の考えに共感します」という方がおられ、入党していただきました。多くの若者たちと、日本社会の歪みについて、根源的な情報を共有して行けるように一層の努力が必要だと思います。