高岡市議は「研究のためなら、政務活動費で酒代を出せる」と主張。フザケルナ!!

許されると思いますか。

高岡市議10人が2012年に政務活動費を使って、研修目的でイノシシ料理を堪能し、日本酒25本、ビール10本、焼酎2本。

記事によると、市議らは研究研修費名目なら、酒代は政務活動費で支出できるという解釈を主張しているそうだ。「研修の宿泊費に含まれる」「規定に反していない」「酒を飲みながら研究してもいい」と主張したそうだ。

聞いて呆れるとはこの事である。富山市議会ならとっくの昔に市民の批判を浴びて辞職しているようなものではないか!

新年から引き続き追及する政務活動費問題を徹底追及する北日本新聞である。

高岡市議会は、あと2名が辞職すれば補欠選挙である。仮に辞職しなくても4月の市長選の際に同時に市議補選があるのではと期待したが、市長選の時期が本選挙(10月)まで6ヶ月未満のため、市長選と同時の市議補選もないそうだ。となると、疑惑高岡市議らが辞職しないで頑張り続ければ、「政治と金」をめぐっての市民的な政治戦が全くないままに、10月の選挙まで時を過ごしてしまうことになる。

こんなことを許さない、世論を広げる必要があると思う。

高岡市議10名が政務活動費で酒。
高岡市議10名が政務活動費で酒。

 


「ポスト真実」とは何だ? 「しんぶん赤旗」日比嘉高教授の寄稿

大統領や首相という位置にいるような人が、嘘を平気でつく。「福島第一原発の放射能は100%コントロールされている」とか、「安保法制は、諸外国から邦人救出できるようにするため」とか、白々しいけれど、堂々と嘘をつきそれを貫くことで、社会全体の空気に強い影響を与えていく。誰が見たっておかしいという嘘が、なぜか浸透していくという不思議。

これをどう見たら良いのか、日比嘉高(ひび・よしたか)名古屋大学文学研究科教授の寄稿を、「なるほど」と読みました。

SNSの普及による情報との接し方の変化、人々の不満が鬱積している社会的な背景、などが説明されています。ご一読をお勧めします。

日比さんのブログにも同様のことが記事にされていましたのでリンクを貼っておきます。

 

20170111赤旗「ポスト真実」1

20170111赤旗「ポスト真実」2


元旦の街頭宣伝〜わざわざ駆けつけてくださってありがとうございました。

2017年元旦にあたり、党呉西地区委員会として、街頭から訴えを行いました。

宣伝には、金平直巳高岡市議、高瀬あつこ党呉西地区常任委員らが参加。


元旦街宣(高岡)
元旦から初売りのイオンモール高岡前、イオン高岡店前には、買い物客が行き交い、こちらのすがたを見て熱心に手を振っていかれる姿が多数見られました。

不正が相次いだ富山で、不正防止のためにも共産党の議席を増やすことが大事という点を強調し、高岡市議選の勝利への決意、また、安倍政権打倒へ野党が共闘してたたかいを進める決意などを訴えました。

SNSで告知を知ってわざわざ駆けつけて演説を聞いてくださった秋田猫さん!ありがとうございました。


くらし応援の政治へ全力!